« "Les Miserables" | Main | "The Tragedy of X" »

April 24, 2005

"Hollywood Ending"

big_sayonara_hollywood

ヴァルはオスカーを2度も受賞した経験のある映画監督だが、今ではすっかり過去の人となり、CM撮影などを受けながら細々と暮らしている。
ハリウッドの映画会社では、新しい映画の企画が持ち上がっていた。その映画のプロデューサーは、ヴァルの元妻、エリー。会社の重役は、エリーを寝取った男、ハル。エリーはその映画の監督に、ヴァルを推薦する。
神経症でトラブルメーカーなヴァルの起用にみな渋い顔だが、エリーの力添えにより、ヴァルが監督に決定する。
が、クランクイン直前にヴァルに大きな事件が持ち上がってしまう!その秘密を抱えたまま、映画の撮影ははじまってしまうが・・・

----------------------------
恵比寿ガーデンシネマで、「さよなら、さよならハリウッド」を見てきました。
実は、ウディ・アレンの作品は初めて。でも、なかなか面白かった♪ワッハッハ!じゃなくて、クスリ、ニコリと笑える上質な大人のコメディ。

とにかく、ヴァルの変人奇人ぶりがすごい!エリーと仕事の話をしていたのに、いつのまにか、自分を捨ててハリウッドに移り住んだエリーに対する恨みつらみになるシーン。エリーは、よくこんな人と結婚していたものだわ、と感心(笑)。

ウディ・アレンの映画は似たような雰囲気、ということだけれど、クスっと笑えるところや、いろんな皮肉があちこちにちりばめられているこんな作品なら、また見てみたいな。
だけれど、ウディ・アレンのキャラ&外見がかなり個性的なだけに、ちょっと濃く感じてしまうのは確か。こんな変人奇人に、美しくてしっかりものの元妻がいて、今は若くてセクシーなガールフレンドがいて、美しい主演女優にも言い寄られるってどういうこと???アレン自身の希望が反映されてたりして・・・(笑)。

|

« "Les Miserables" | Main | "The Tragedy of X" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79578/3843072

Listed below are links to weblogs that reference "Hollywood Ending":

« "Les Miserables" | Main | "The Tragedy of X" »