« 見てないけど "アラビアのロレンス" | Main | "The Phantom of the Opera" »

April 08, 2005

"魍魎の匣(講談社ノベルス)"

魍魎の匣
魍魎の匣
posted with amazlet at 05.04.05
Author:京極 夏彦
Publisher:講談社 (1995/01)
4061818120
amazonおすすめ度の平均: 4.53
5 理性と狂気の境界を行くミステリー。面白いです!
5 三重苦を乗り越えて、傑作!
4 とにかく怖かった。

『姑獲鳥の夏』から2ヵ月後、文士・関口は、バラバラ殺人事件に巻き込まれる。一方、刑事・木場は少女の転落事件を追っている。やがて、探偵の榎木津も介入し、無関係だと思っていた2つの事件が、つながっているかのように思えたが・・・京極堂の介入で、事件は大きく動く。

-------------------------------------
なかなかブログ書く時間がなく、だいぶ前に読んだけれど「京極堂」を。

とにかく、怖いしグロいです。でも、乱歩や横溝を髣髴とされるような耽美小説風なタッチが妙に魅力的で、引き込まれてしまいました。
謎解きにしても、「ウブメ」よりもずっと凝っていて面白かったです。
でも、あまりに怖すぎるよ!面白いけれど、あまり他の人にはオススメできない本です。
だけれど、私はさらにシリーズを読み進んでしまうと思います。体力が必要だなー。

あと、「魍魎」についての京極堂の語りは、あまりに長かったので読み飛ばしました(笑)。まだまだ修行が足りない??

|

« 見てないけど "アラビアのロレンス" | Main | "The Phantom of the Opera" »

Comments

きゃんちろさん、こんにちは。
そっかー、きゃんちろさんは怖いの、あんまり得意じゃなかったのね。
うっかりお勧めしてしまってごめんなさい(汗)
私も勿論、普段は京極夏彦なんて他の人にはお勧めしないんだけど、
「うぶめ」が結構面白かったって言ってたから
あの世界観や異様なまでの長さ(笑)に辟易しないなら、って思ったんだけど、
そういえば、内容は結構エグのだった・・・。
私自身は怖いのやら、エグイのやら、っていうのが全く抵抗ないので
ついついそういったことにまで気が回らなくて・・・。
でも、面白いと思ってもらえたみたいでとりあえず一安心です。

あと、京極堂の語りを読み飛ばすのは当然です(!?)
その語り(理屈)にこそ真髄がある、とも言われてますが、
そして私もまだ「魍魎」の頃は一生懸命読んでましたが
巻を重ねるにつれ、私もだんだん根気がなくなり
どんどん読み飛ばすようになりました(笑)
しかも、どっちにしても数年も経つと
そんな理屈の部分はちーっとも覚えてないのだった・・・(苦笑)

きゃんちろさんに触発されてシリーズ未読本を久しぶりに読んでみたくなったんだけど
それにしても京極堂のシリーズは文庫にしても持ち歩けない重さ&厚さなので、
通勤読書派の私としてはつらいのです・・・。
しかも未読なのは「あの厚さで前・後編」・・・(^^;
うむむ、禁断の地へ足を踏み入れるべきか・・・(笑)

Posted by: Ernie | April 12, 2005 at 02:41 PM

Ernieさん、こんにちはー!早速見に来てくださってありがとう!
そうなの、怖いのちょっと苦手で、「Goosebump」すら読もうかどうしようか、長いこと悩んでるくらいですから(笑)。
でもでも、オススメされなかったら「うぶめ」でやめてたかもしれないので、オススメしていただいてよかったです!

京極堂の語りはやっぱりギブアップですか~。あれを読んでこそ作品の世界観が理解できるのよね、でも、やっぱりつらい(笑)。

これ読んだ後、すごく忙しくなっちゃったから、続きはまだ読んでないのだけれど、ななななんと!シリーズが進むと前編・後編になるのー?体調いいときに読まなきゃ!

ところで、「いえもん」は読んでますか?あれも気になってるんだけれどどうなのかしらー?

Posted by: きゃんちろ | April 13, 2005 at 11:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79578/3620967

Listed below are links to weblogs that reference "魍魎の匣(講談社ノベルス)":

» 「魍魎の匣」(京極夏彦) [「いろいろ感想文」]
「京極堂、話長いんじゃー」ちうわけで、京極堂が苦手なワタクシ。シリーズ2作目にして、既に主人公に嫌気をさしてる状態で「どーなんよ」ってことなのですが、とにかく京極堂は話が回りくどくて長いっす。賢いんかしらんけど、ワタクシは気に入らんな。で、そんな新作が出るたび分厚くなることで有名な「京極堂シリーズ」の第二段であります。第二段で既に片手で支えるのが困難な状況になっております。ブログやレポートがどんどん長くなるワタクシとしては、ある意味他人事とは思えないのでありますが、やっぱし「もうちょっと短くできるや... [Read More]

Tracked on June 09, 2005 at 09:55 PM

« 見てないけど "アラビアのロレンス" | Main | "The Phantom of the Opera" »