« "オペラ座の怪人" | Main | "Shakespeare in Love" »

May 10, 2005

「十八代目中村勘三郎襲名披露 五月大歌舞伎」

200505kabukiza


とーーーっても見たかった5月の歌舞伎、運良くチケットを入手することができたので、ルンルン(死語?)で見てきました♪

●義経千本桜(狐忠信)
このお芝居は前から見たかったのです。というのは、「古畑任三郎」でこれを使ったプロットがあるのです。狐忠信を演じる歌舞伎役者を演じるのが(ややこしい)堺正章なんだけれど、これが上手なのですよ!
今日狐忠信を演じたのは、菊五郎。もちろん、素晴らしかったです!動きも軽やかだし、若いわ~。(でも、菊五郎の狐は飛ばないんですって。)
海老蔵&菊之助の義経・静御前もとても美しかった~!キクノスケ好きの私は、かわいらしいお姫様なキクノスケを見られて満足♪

●鷺娘
ひさびさの玉三郎。「最近娘役はやっぱりキクノスケよね!」と思ってた私ですが・・・やられました!
玉三郎、美しすぎ!顔小さすぎ!首長すぎ!踊っている姿はどこからみても女性です。
舞台は玉三郎らしく幻想的で、うっとりしてしまいました。
早代わりもすごいんだけれど、後ろで紐を抜いたりする黒子さん(って、黒くなくてもいうのかな?)とのチームワークもすごいし、信頼してないとできないよねー!
やっぱり玉三郎、すごいです!

●研辰の討たれ
楽しみにしてた研辰!勘三郎大炸裂でものすごく楽しめました!
オープニングのシルエットもとっても新鮮だし、大きな階段と橋を組み合わせたようなセットも斬新だけれど、室内のシーンでも全然浮いていなくて、さっすがー!と思ってしまいました。
これは、勘三郎の、勘三郎による、勘三郎のための舞台、ではあるのですが、脇を固めるキャストもものすごく豪華!私は、染五郎がやっぱり上手だなーって感心して見ちゃいました。
獅童も楽しみにしてたんだけれど、おちゃらけキャラみたいなので、ほとんど地でやってるのかな、という感じ。一度歌舞伎らしい舞台で見てみたいものです。
そして、勘三郎遊びすぎ!七之助が「やじさんきたさん」の格好で出てくるし、今日結婚が発表された獅童を揶揄して「結婚決まったやつもいるっていうのにー」なんてアドリブセリフをいれたり!(カーテンコールでは獅童真ん中に引っ張りだされてるし・・・)
そう、カーテンコールがあったんですよ!前にコクーン歌舞伎の「夏祭~」の時もカーテンコールあった気がするけど、歌舞伎座でなんて新鮮♪
野田版・・・歌舞伎なんだけれど、違うエッセンスがたくさん詰まっている、とてもフシギだけれど、魅力的な舞台でした。
唯一残念だったのは、大きなセットになってしまったために、舞台自体が広くなりすぎたせいなのか?役者さんの声の通りが今ひとつになってしまったこと。歌舞伎ではマイクなど一切使わないのに、今まで聞こえにくいと思ったことなかったけれど、今回は前から5列目だったのに、反対を向かれてしゃべるとちょっと聞こえづらかった。
その辺の融合が難しいですよねー!


今月の歌舞伎は、演目も、役者さんも、襲名公演の華やかさも、なにからなにまで大大大大満足!!でした♪
まだ興奮冷め遣らぬ~★

あっ、歌舞伎座よく行く割には、あんまり有名人に会わないんだけれど、今日はみかけましたよ、デビ夫人(笑)。でも、すっごい小柄でびっくりしたけど、めちゃめちゃきれいでした(肌とか、つるつる!)。

|

« "オペラ座の怪人" | Main | "Shakespeare in Love" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79578/4072613

Listed below are links to weblogs that reference 「十八代目中村勘三郎襲名披露 五月大歌舞伎」:

« "オペラ座の怪人" | Main | "Shakespeare in Love" »