« "Shall We ダンス?" | Main | 「十八代目中村勘三郎襲名披露 五月大歌舞伎」 »

May 07, 2005

"オペラ座の怪人"

Kif_4090

念願の劇団四季の「オペラ座の怪人」、とうとう見てきました!
舞台でミュージカル版を見るのは初めてで、とても楽しみにしていました!

20世紀のオペラ座のオークションのシーンから、シャンデリアに灯りがともり、一気に19世紀の活気のあるオペラ座へと引き込まれました。

ファントム役の高井治さんの歌声が本当に素晴らしかったです。クリスティーヌ役の佐渡寧子さんは、初々しさにはちょっと欠けたかもしれないけど(失礼!)力強い歌声で、ファントムとクリスティーヌとのデュエットナンバーなどは迫力があり、見事でした。
華やかな舞台シーン、幻想的な地下の怪人の住居などの美術もとても美しく、私が心の中で描いていたとおりの舞台でした。

クリスティーヌを愛しながらも、歪んだ愛情表現しかできないファントム、純粋にクリスティーヌを愛し、守ろうとするラウル、「天使」だと思っていたファントムの正体を知り、戸惑うクリスティーヌ。3人の心の動きが痛いほど伝わってきて、また、物悲しいラストには思わず涙がこぼれそうになってしまいました。

ガストン・ルルーの原作は読んだことがありませんが、(舞台ではかなり脚色されているということなのですが)是非原作の雰囲気も味わってみたいと思います。

以前映画が今ひとつだったという感想を載せたのですが、舞台を見てから映画を見ればよかった・・・舞台を見た後映画を振り返ると、ロイド=ウェーバーが映画で表現したかったことがなんだったのか、理解できるような気がします。もう一度改めて映画も見てみたいです。

こんなかわいいファントム・ベアを売っていたので、思わず買ってしまいました!
Kif_4093

|

« "Shall We ダンス?" | Main | 「十八代目中村勘三郎襲名披露 五月大歌舞伎」 »

Comments

みっちゃん!このベアかわゆい!
ぜんぜん恐くないね~(爆)

やっぱり生の舞台は素晴らしいですよね。
四季の舞台はいまだ、未経験だけど行ってみようっと!


Posted by: ERI | May 10, 2005 at 10:21 AM

このくまさん、かわいいでしょ~!一目ぼれして思わず買っちゃったのよん♪あと、マスクが白バージョンの子もいましたけど、シルバーの方がちょっとだけ怖かったのよ、これでも!
四季の舞台、とっても良かったよー。私すっかりはまっちゃって、今着メロとか全部「オペラ座」になってまーす!

Posted by: みちこ | May 10, 2005 at 10:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79578/4023910

Listed below are links to weblogs that reference "オペラ座の怪人":

» オペラ座の怪人(四季) [distan日誌]
先週末、汐留の劇場に出かけました。まぁ、舞台は舞台で、映画は映画で、それぞれに良いところがありますよね。 当然のことですが、限られた空間を最大限活かすために、様々な工夫が凝らされていました。地下のボートは、いつの間にか、ソファに化けているし、石段をシーソのように動かすことで、移動感を出しているし。ファントムが消えるところは、まるで引田天功のイリュージョンのよう。ただ、映画では、... [Read More]

Tracked on May 11, 2005 at 02:31 AM

« "Shall We ダンス?" | Main | 「十八代目中村勘三郎襲名披露 五月大歌舞伎」 »