« "A Letter of Mary (Mary Russell Novels)" | Main | 六月大歌舞伎 »

June 16, 2005

"コクーン歌舞伎 桜姫"

sakurahime

----------------------------------
良家の姫である桜姫は、生まれたときから左手が開かない。それを苦に出家しようとするが、寺で祈祷を受けると不思議なことに桜姫の左手が開く。その中からは、この寺の高僧である清玄の名が刻まれた香箱が転がり出る。
17年前、清玄は稚児と恋に落ち、二人で心中を図ろうと、お互いの名を刻んだ香箱を交換し、江ノ島で身を投げたのだが、清玄は死にきれず、今に至るのである。桜姫は稚児の生まれ変わりなのか・・・
また、その場に登場した権助は、実は姫がその子をなし、恋焦がれていた相手。権助との再会に、思わず我を忘れる姫なのだが・・・
----------------------------------

前回に続き、今年もコクーン歌舞伎に行ってまいりました♪
なんだか最近、舞台を見るときしか渋谷に行かないような気がする・・・前に来たのも、パルコ劇場に三谷の芝居を見に来たときだったような・・・
なので、間違えてパルコに行きそうになりましたが、コクーンはBunkamuraですね。本当におのぼりさんだわ・・・

そうそう、出掛けに、平場席だよなーと思って、座っても辛くない服装で出かけたのも大正解♪しかも、平場の一番後ろの席だったので、後ろにもたれることも出来てラクチンでした★さらに、通路側だったので、役者さんが縦横無尽に客先を駆け巡るとき、本当に真横を走るので、かなり迫力がありました!

というのはさておき、桜姫。
すっかり忘れていましたが、実は去年歌舞伎座で見ました。でも、そのときは昼の部しか見てないので半分しか見ておらず、はっきり言ってよく分からなかったの。なのでどうやら記憶の中から抹消されていたようでしたのです。見てるうちに思い出してきました。

福助のお姫様姿も、初めて見たかな?いつも見るのは、町のおばちゃまみたいな役が多かった気がします。でも、とても可憐なお姫様だったし、途中から突然恋に狂う娘に変わっていく姿は、見事でした♪

そして、橋之助が、清玄と権助の二役。これもまた見応えがありました♪橋之助ってご本人が、マジメで、人柄もよさそうなので、彼が悪人の役をやるとつい違和感を感じちゃうんだけれど、今回はなかなか良かったです。

そしてびっくりしたのが、勘太郎と七之助が結構上手だったこと。声もよく通っていたし、特に勘太郎は二役だったけれど、二役目の娘の役はちょっと意外で、実は勘太郎だと分からなかったのでした~。

歌舞伎座と違って、横幅がなく、高さがある舞台を、うまく使ったセットもなかなか良かったと思います。

----------------------------------
ただね、ストーリー自体が結構分かりにくい。そして、午前と午後に分けてやるほど長い舞台を一つにしているので、はしょってるところが多いのか?ストーリーを読まないと分からない個所があります。(歌舞伎座で見たときは、冒頭に清玄と稚児の心中のシーンもあったような)
そもそも、心中の話とか、本筋とは関係ない話も、鶴屋南北が脚本に盛り込んだという背景があるようで、それが分かりにくさに拍車をかけたのか?
それさえなければ、お姫様あり、侍あり、町の衆あり、おかみさんあり、と結構見所もたくさんあって、面白い舞台だったと思います♪

それにしても福助のお姫様は可憐でした♪私は、玉三郎の桜姫より良かった気がするなぁ。

----------------------------------
関係ないけど、パンフの写真を撮ってたら、「私もー!」としゃしゃり出てきたうちのキャンさん。
こちらのブログでは初登場かも!?初登場ならもっとかわいい写真を載せるべきだったか?
candy

|

« "A Letter of Mary (Mary Russell Novels)" | Main | 六月大歌舞伎 »

Comments

きゃんちろさんは歌舞伎も本当にマメに行くんですねー。
実は、歌舞伎未体験!のErnieです(^^;
(お能も一度観たことがあるだけなんだけど、
これはすっごく楽しかったです!)
興味はあるんだけど、一度も行ったことがない身としては
なかなか足を踏み入れる勇気がなくて・・・。
私の周囲も皆口を揃えて、一度は行ってみたいけど、
やっぱり詳しい人と一緒じゃないとねー、とか言って
行ったことない人ばかりだし。
チケットもとりにくいってことだし・・・。
もともと私が映画はマメに行くけど
コンサートとかライブとか劇とかといったものにも
足を運ばない人っていうのも関係あると思うけど。
なので、歌舞伎については、ステキだなぁ&うらやましいなぁ
くらいしかコメントできないのですが・・・。

では、何故にここにコメントしてるかというと、
はじめまして♪のキャンさんの可愛さに
ノックアウトされてしまったからです(笑)
かわいすぎる~!!
ぬいぐるみじゃないよね?(笑)てな感じで。
うーん、なでなでしたいー。
今度、飲み会に連れてきてー、ってそれは無理だと思うので(^^;
多分、たっくさんあるだろう写真の中から(笑)
厳選して一部を今度、ゆっくり見せてくださいね。

Posted by: Ernie | June 27, 2005 at 01:09 PM

私は別に詳しくないんですけれど、筋書きがあればストーリーも十分理解できるし、イヤホンガイドを借りればさらに詳しく解説してくれるしね!
見慣れると結構面白いですよ!
是非一度いらしてみてください♪
2Fや3Fでなければ、結構チケットも取れると思いますよ!でも、初めて見るなら良いお席で見たほうが良いかもです。

キャンさん、かわいいですか~!えへへ・・・でも、この写真はかなり「オブス」に写ってますので、今度かわいい写真を見ていただきたいです!
えっ、写真持っていってもいいんですか~?そんなこと言われたら、アルバム抱えて行っちゃいますよ!

Posted by: きゃんちろ | June 27, 2005 at 06:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79578/4578431

Listed below are links to weblogs that reference "コクーン歌舞伎 桜姫":

« "A Letter of Mary (Mary Russell Novels)" | Main | 六月大歌舞伎 »