« "Million Dollar Baby" | Main | "コクーン歌舞伎 桜姫" »

June 02, 2005

"A Letter of Mary (Mary Russell Novels)"

A Letter of Mary (Mary Russell Novels (Paperback))
Laurie R. King
Bantam Books (Mm) (1998/02/01)
売り上げランキング: 384,114
通常7~11日以内に発送
おすすめ度の平均: 4
4 比較的読みやすかった

メアリとホームズの夫婦の下に、イスラエルで知り合った女性考古学者が訪れる。彼女は二人に、「マグダラのマリア」が書いたと思われる手紙を託すが、その直後、不慮の死を遂げる。彼女の死に不審を抱いた二人は、捜査を開始する。
------------------------
私の好きな「メアリ・ラッセルシリーズ」の第3作。
うーん、この話、嫌いじゃないけど、ホームズの事件としては比較的小ネタかなぁ?と思ってしまいました。(まあ、ホームズのパスティーシュであって、ホームズモノではないんだけれどね。)
大きなネタがちりばめられているのに、うまく生かせていない、という感じかしら?
それと、この話でもキーワードは「マグダラのマリア」。「ダヴィンチ・コード」でも鍵を握る女性なんだけれど、私のような一般的日本人はあまり知識がなく、このマリアの手紙がどうして人を殺すほどの影響を与えるものなのか、今ひとつピンと来ない。
あと、ホームズとメアリの調査があっちこっちに飛ぶので、なんのために調査してるのか、よく分からないところもありました(英語の理解の問題ではないと思う・・・)。

とはいっても、このシリーズ、雰囲気が大好きで、シリーズが進むにつれ、ホームズとラッセルの絆が深まっていくのがまたステキです(シャーロキアンの方には異論もあろうかと思いますが)。

翻訳でもこれは読んだんだけれど、ほとんど覚えていなかったので、初めて読んだようなものでした。そして、翻訳で読んでるのはここまで。
第4作はまたホームズらしいスケールの大きなお話だとよいな♪


|

« "Million Dollar Baby" | Main | "コクーン歌舞伎 桜姫" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79578/4386167

Listed below are links to weblogs that reference "A Letter of Mary (Mary Russell Novels)" :

« "Million Dollar Baby" | Main | "コクーン歌舞伎 桜姫" »