« 眠れない夜に | Main | "バスカヴィルの謎―シャーロック・ホームズの愛弟子 集英社文庫" »

July 15, 2005

さらさら読書

なんだか忙しかったりして、気合を入れて重い本は読みたくないけど、活字を眺めていたいなー、という感じだったので、お風呂や、寝る前に眺めながら読める本、ということで、本棚から引っ張り出してきました。

我らが隣人の犯罪
短編だからさらっと読める上に、お話がどれもかわいいの!宮部みゆきは短編も大好きだし、子供が出てくる話がとにかくかわいらしい!どれもミステリーといえるほどのミステリーではないけれど、文句ナシに面白い話ばかりです!

ゼロの焦点
松本清張だから軽くないけど・・・清張にしては長くもないので。清張の作品は、戦後の時代背景が反映されているものが多いのだけれど、今読んでも古臭くない。でも、現代に置き換えたドラマ化はなかなか難しいけれど、去年の「砂の器」はよくできていたと思う。そういえば、昔の砂の器も、今デジタル版で再上映してますよねー。
私が読んだのは新潮文庫版だけれど、amazonに画像がなかったので。

横浜幻灯館―俥屋おりん事件帳
山崎洋子さんは、明治時代の横浜を舞台にした小説が多いのですが、その妖しい雰囲気がなんとも好きなのです。私自身、母方が代々横浜なので、「ハイカラ」な横浜の話をさんざん聞かされて育ったから、横浜の話には特に思い入れがあるのかもしれません。(だけど、どの話も雰囲気が似てるから、読んでも大きく印象に残らないという欠点がありますが・・・でも、サラっと読むには最適!)
初めて読んだのは、乱歩賞受賞の花園の迷宮だったかな。

813
かなりのルパンフリークだった私。子供向けの「ルパン全集」は全巻家にあったような気が・・・私のフランス語学習の原点になってて、いつか原書で読みたいと思ってるのに、いまだフランス語版GRにすら手が届きません!(泣)
読み始める前、「堀口 大学かぁ、古臭いかなぁ?」と思ったけど、ルパンものの時代の雰囲気にバッチリでした♪
でも、早く「続」が読みたいよぉ!

|

« 眠れない夜に | Main | "バスカヴィルの謎―シャーロック・ホームズの愛弟子 集英社文庫" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79578/4965959

Listed below are links to weblogs that reference さらさら読書:

« 眠れない夜に | Main | "バスカヴィルの謎―シャーロック・ホームズの愛弟子 集英社文庫" »