« August 2005 | Main | October 2005 »

September 30, 2005

"CATS" Again!!

cats

今年の2月に引き続き、再度「CATS」を見てきました。
今回はお友達にお誘いいただいて、回転席です~!どうもありがとう!!(ウルウル)

ドキドキしながら開演を待って、気がつくととなりに猫がいたときの驚きといったら!オープニングの曲と共に、私たちも舞台と一緒にまわって・・・あー、もう至福のひとときです★

前回見たときは、初めてだったので、ダンスと歌にとにかく圧倒されて、猫たちの人間関係(猫関係?)がよく分からないままでしたが、今回はそのあたりも少しは把握することが出来て、より深く「キャッツワールド」に浸ることができました!
特に、グリザベラの悲哀と祈り、そして、グリザベラに手を差し伸べるシラバブの純真さが、本当に強く伝わってきて、とても感動しました。

キャストも、前回とは大きく異なっていて、グリザベラも、オールドデュトロノミーも別の方が演じてらっしゃいました。
全体として、前回よりも舞台の完成度は高かったように思います。最初の方のジェニエニドッツのタップナンバーも素晴らしかったし!回を重ねるごとに、どんどん舞台の完成度が高まっているのだなぁって思いました。

終演後、お友達とキャストの復習をしたのだけれど、「茶色と黒のトラ猫系」の猫たちが、やっぱり今ひとつ区別がついていないことが判明。
次回見るときは、そのあたりも注目して見てみたいと思います!(って、まだまだ見る気マンマンです!)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 26, 2005

"亡国のイージス"が似てると評判の??(ネタバレあり)

「亡国のイージス」を読んだ夫が、とあるハリウッド映画に非常に似ていると指摘。他の方のブログでも指摘されていたりして、見たいなーと思ってDVDを買っていたのですが、3連休の最終日、ようやく家でゆっくりと見る機会がありました。

で、見た感想は・・・
(以下、映画の名前も挙げていますので、もしこの映画を見ている方がいたら、「亡国のイージス」のネタバレになってしまうかも・・・また、どちらか一方しか見ていない方も、両方について書いているので、ご注意ください!)

Continue reading ""亡国のイージス"が似てると評判の??(ネタバレあり)"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 25, 2005

"ウクレレ・フォース~スター・ウォーズ ベスト・カバーズ~"

ウクレレ・フォース~スター・ウォーズ ベスト・カバーズ~

オットが買ってきたこちらのCDだけれど、とーーーっても良いの!
スターウォーズのサントラのカバーなのだけれど、ウクレレとリコーダーをメインにした編成でカバー。
残念ながらメイン・タイトルは、管や弦も入っちゃっててちょっと今ひとつなんだけれど、あとの曲は、ピープーというリコーダーの音が、小学生の鼓笛隊のようで味があってとてもよいのです!

特筆すべきは、「帝国のマーチ」。あの曲が、ダースベーダーのテーマが、とーーーってもマヌケな雰囲気の曲に仕上がっています!
あと、モス・アイズリーのバーの曲と、アナキンのテーマ、エピ1のエンディングの曲、そして、エンド・タイトルが私のお気に入り♪

スターウォーズ ファンの方は、是非聞いてみてください!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 24, 2005

"Charlie and the Chocolate Factory"(ちょっとネタバレあり)

chocolate_factory

公式サイトはコチラ

ひさびさに、私の中で大ヒットな映画でした!映像も綺麗だし、本当に夢の中の世界みたい♪なのに、登場人物がみんな破天荒!本当に面白かった~★
とはいえ、個性の強い映画でもあるので、どなたにも大ヒットじゃないかもしれないけれど、予告編など目にして、気になっている方は、是非是非見に行ってくださいねっ!
私が見に行った六本木ヒルズでは、劇場内にチョコレートの香りをつけるという演出を行っていて、気分も盛り上がります~!

私はダールの原作の方は、ちょっと個性が強すぎて、まわりの評判ほど自分の中での評価は高くなかったのだけれど、映画は本当に楽しめました♪原作も、細かいところは覚えていないので、もう一度読んでみようかな!

以下、映画の内容と、原作の内容にも踏み込みますので、どちらか一方でも見て(読んで)いない方はお気をつけてくださいね。

Continue reading ""Charlie and the Chocolate Factory"(ちょっとネタバレあり)"

| | Comments (2) | TrackBack (2)

September 23, 2005

"Confessions of a Shopaholic"

Confessions of a Shopaholic

お買い物大好きなRebeccaは、カードの返済が滞り、銀行からの借入が限度額を越えてるのに、それでも買い物が止められない。いやなことがあったときのストレス発散も、とにかく買い物!
こんなRebeccaの職業は、金融ジャーナリスト。私にこんな顔があることは、誰にもいえません・・・-----------------------------

「これ読んでます」に載せてたのに、他の本を読んじゃったりして後回しになってたこの本。
出だしかなり面白くて、でもでも、中盤はもう読むのを辞めようかと思うくらいつまらなかった・・・そして、後半はまたわくわくしながら一気読み!
中盤のまったりがもう少しなんとかなってれば、もっと面白い本だったのにね。
あと、最後はちょっと綺麗にまとまりすぎたかな。もう一ひねりあったらもっと良かったかな。

とはいえ、女子なら共感する方も多いであろう、この買い物癖。
私も、自分のものは買わないのだけれど、うちのわんこのものとなると見境なく買ってしまう!
レベッカ同様、かなりの病気にかかってますが、幸い、気が小さいので借金が出来ないの。なので、深刻な事態には陥っておりません・・・
でも、レベッカのような思い切りのよさは、ある意味うらやましいかも~。

邦訳はこちら。
レベッカのお買いもの日記〈1〉

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2005

"Harry Potter and the Goblet of Fire"

Harry Potter and the Goblet of Fire (US) (Paper) (4)

ハリーはホグワーツ4年生を迎える前の夏休みを過ごしている。そんな中、額の稲妻型の傷が激しく痛む。これは何の前兆なのか?
不安を抱えたまま、ロン一家、ハーマイオーニーと訪れたクィディッチのワールドカップで、不吉な出来事が起きる。
そして、ホグワーツに戻ったハリーたちを待ち受けていたものは??
--------------------------

ハリポタ第4巻「炎のゴブレット」。3巻の感想で「重い内容、感情移入しまくった」と書いたけど、4巻の方がさらに重い。ただし、話が長すぎるせいか、さほど感情移入はしなかったけど・・・それでも、読み終わったのが明け方の4時だったけれど、あまりに衝撃的で余韻で暫く眠れなかった。

ハリーはどれだけつらい、恐ろしい目に合えばよいんだろう?悲しくなってしまう・・・
それでも、明るく楽しく、普通の子供たちと同じような学園生活を送るハリー。彼自身の中でも、重い宿命と、親友たちと共に過ごす学園生活が、不思議に共存しているんだろうなーなんて思ってしまう。ハリーの楽しい学園生活が脅かされませんように、と祈っているけれど、5巻はさらに重い話らしい・・・(涙)

一気に5巻も読みたいけど、幸い手元にないし、5巻と6巻は続けて読んだ方が良いという話なので、6巻のPBが出てから読もうっと。

前にも書いたかもしれませんが、洋販の出している小冊子が、5巻の重要な内容についてネタバレしており、ある日それを目にしてしまったのです。正直なところ、5巻を読む楽しみが半減したことは否定できません。
日本での出版元(代理店?)として、あまりに配慮に欠ける記述だったと思います。他の方のためにも、今後はこのようなことが決して起きないことを強く希望しますよ、洋販さん・・・

どうでも良いけど、この表紙のハリーが、髪の長い「坂本ちゃん」に見えるのは私だけ??

| | Comments (5) | TrackBack (0)

September 20, 2005

"Legally Blonde 2"

キューティ・ブロンド 2/ハッピーMAX〈特別編〉

小型犬(特にチワワ)の飼い主さんには絶大な人気を誇る、「キューティ・ブロンド 2/ハッピーMAX」。
1作目の原作も、映画も大好きだったので、とーーーーっても楽しみにしていて、ようやくDVDを買ったので見たのだけれど・・・
私は1作目の方が良かったなぁ。
1作目に主人公のエルが取り組むのは、夫殺しの嫌疑をかけられた先輩の裁判。今度は、法案の成立。法案の成立って、内容も難しい、日本人にとってもなじみがない、あまりに現実離れしている、という理由からかなぁ。(まあ、1作目も十分現実離れしているんだけれど・・・)

とはいえ、この映画、そんなところを気にしちゃいけないのです!
とにかく、エルがオシャレで前向きでかわいいの!
そんなエルと、チワワのブルーザーの華麗なファッションが話題になったのだけれど、ブルーザーの衣装を提供したFIFI&ROMEOが日本でも大人気に♪
犬を飼ってない方には考えられない強烈な価格帯のお洋服なんだけれど、お店の雰囲気もラブリーな独特のワールドに、ハマる人続出です!かくいう私も・・・ただし、セール専門だけどね~。
お店で試着して気取ってる、うちのキャンさんです♪
20050829_6

20050829_5


やっぱり私は原作が好きです♪
映画が良かったと思われたら、是非原作も読んでみてください★
Legally Blonde

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2005

"Arsene Lupin"(ネタバレあり)

lupin

公式サイトはコチラ

映画「ルパン」を見てきました。意外に混んでいて、1時間前に既に券は売り切れ、私たちは整理券番号の後ろの方になってしまったので、隣同士の席が取れませんでした(悲)。

子供の頃、少年向けのルパン全集にかなりはまった私。今でもルパンは大好きです!
なので、正直なところ結構B級では?と思ってあまり期待せずに見に行ったのですが・・・
ルパンの物語として思わなければ、それなりに面白い映画けれど、ルパンの映像化と思ってしまうと、うーーん、うーーん・・・という感じでした。

以下、ネタバレを含むので、お気をつけください。

Continue reading ""Arsene Lupin"(ネタバレあり)"

| | Comments (2) | TrackBack (5)

September 15, 2005

ハリポタ祭り3

Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (US) (Paper) (3)

「アズカバンの囚人」の再読も終了。
これ、本当になんともいえないストーリー。いろんなことがうまくいかなくて、読んでてもどかしくなったり、あまりの出来事に言葉を失ったり、最初に読んだときも、3冊の中では一番感情移入して読んでしまったかも(一番衝撃も受けたかも!)。

最後のハリーともう一人の人物の活躍、素晴らしい大活躍なんだけれど、心から喜べる結果にはつながらないところも、ほんとうにもどかしくなってしまう。
それに・・・ホントにスネイプって嫌なヤツ!彼が良いヤツになる日はくるのかしら・・・

ストーリーは結構重く、でも、面白いと思うのですが、不要?と思われるエピソードなどもちょこちょこあって、こんなに長くなくても良いのでは・・・と思ってしまうところも。

さてさて、次はいよいよ未読の4巻。3巻に比べて、倍近い厚さがあります。読み終わるのにどれぐらいかかるかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2005

終わっちゃいました、"TRU CALLING"(ちょっとネタバレあり)

Tru Calling: Season 1 (6pc) (Ws Dub Sub Dol Sen)

昨日で最終回でした、ぐっすん。
仕事はまってたのに。無理矢理休憩してしっかり見ちゃいましたよ~。

前評判どおり・・・すっきりしない終わり方で、残念だなぁ。
アイツの能力はともかく、なんで裏をかかれちゃうのか、今ひとつはっきりしなかったし。
後半登場したあのキャラも、話に混乱を与えただけで、本領発揮できなかった気が!
良いネタを、うまく料理しきれなかったのかなぁ。

最初の一週間見逃してしまってたので、もう一度DVD借りてみようかしら?
でも、このまま復活しなかったら、余計もやもや感が募りそうだから(笑)、復活が決まったらもう一度見ようかな。

前回今ひとつ相性が悪かったNASH BRIDGE。
とりあえず、今日は見てみようかな~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2005

津田直美さん★

小さい犬の日常小さいミャーロックホームズ1 パスカビル家の大

プチストレスでプチ不眠になった私。
何度かこちらでも紹介しているけど、大好きな津田直美さんのご本でリラックス。
「ミャーロック ホームズ」ははっきり言ってくだらない!けど、かわいいんだよー!これを読んだおかげで、ようやく眠りにつくことができました♪ホームズ好きで、犬好きな方には是非読んでいただきたいわ★
(プードルがざますキャラなのがちょっと気になるけどね~)

amazonで見たら、この本も気になるなぁ、欲しいなぁ・・・
私の動物図鑑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2005

ハリポタ祭り2

Harry Potter and the Chamber of Secrets (US) (Paper) (2)

で、結局、ハリポタ祭りは続行中で、「秘密も部屋」も読んでしまったよ。
初めて読んだときは、1巻に比べるとイマイチかな、と思った2巻だけれど、3巻まで読んでから再度読むと、次へのつながりとして重要なことがよく分かる♪

そうそう、1巻を再読したら、3巻で活躍するあの人も、名前だけが登場してました。こんな発見がうれしい!

ところで、我が家にあるハリポタの原書は全部US版。こだわる人は「やっぱりUK版でないと!」と思うみたいなんだけれど、どうなのかな?今度UK版で読みなおしてみようかしら?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2005

ハリポタ祭り

先日、映画館でハリポタの予告編を見て気づいた!ハリポタ、3巻までしか読んでないのです~!
4巻を読むべく取り出したけど、その前に「賢者の石」をもう一度読みたくなって読み返してしまった~。なぜか原書が見つからないので、とりあえず日本語で。
ハリー・ポッターと賢者の石 (1)

読んだら、映画も見たくなったので、映画も見た~。
ハリー・ポッターと賢者の石 特別版

本当に映像も綺麗だし、チェスのシーンも圧巻!このチェスの元になったチェスセットは、「大英博物館展」の時に来日してましたね、見に行きました♪
ジョン・ウィリアムスの音楽もいいし、人気本の映画化としては、本当に成功した映画だと思います!
頑張って4巻読まないと~、でも、2巻も3巻も読み返したいよー!無謀なチャレンジかしら?

それにしても、4の予告編のハリー、1のハリーと比べると、大人になったなぁ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2005

THE DUTCH SHOE MYSTERY

book1

ひさびさに本の更新です♪
クイーンの「オランダ靴の謎」、「今読んでます」の本を読み始めたんだけれど、そういえば、これも読みかけだったわ!と思って、読み始めたのですが・・・途切れ途切れ読んでるので、あちこち忘れてて、何度も前に戻って読みなおしました。
やっぱり本は一気に読まないとダメだよねー。
これも、紀伊国屋から注文した古本です。

book2

私、途中で犯人の残した謎がわかったのに、犯人が誰かはわからなかったわ(泣)。やっぱりぼーっとしながら読んだからいけないのよね・・・

ただ、犯人を絞り込む要素の一つが、「エジプト十字架」と共通してるぞ!エラリー・クイーンの本だと、「他の本でも使われてるネタ」が結構多いなー。まあ、謎解きの決定的な要素ではないし、そのあたりがクイーンファンだとまたたまらないのかも・・・

また注文したいけど、うちにある「積んでる本」を先になんとかしないとね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2005

亡国のイージス(Movie・ネタバレあり!)

公式サイトはコチラ

気になってた「亡国のイージス」見てきました。
マリオンに行ったら長蛇の列が見えて驚きましたが、みなさん「NANA」に並んでいたようです・・・客層が違ったなぁ。(「NANA」は若いカップルが多く、「イージス」は男性率がとにかく高かった!)
で、劇場の前にはこんな展示が。
P506iC0008913276


原作の上巻の終わりぐらいが、映画の冒頭だったのでかなり驚きましたが、上下巻のあの厚さを映画化するのは無理がある!という判断だったのでしょうか。賢明な判断だったと思います。
かなりはしょられていたり、矛盾点を映画向けに書き換えたりはしていましたが、その分すっきりしていたと思います。

・・・とはいえ、やっぱり映画を見ていないと内容の理解は難しいかも・・・これから見る方は、是非原作を読まれることをオススメします。そして、「映画を見たけれど今ひとつ分からなかった!」という方も、是非原作を読んでくださいね。

以下、映画の内容(結構ねたバレあり)にも触れますが、原作の内容にも触れますので、原作を未読の方もお気をつけください!

Continue reading "亡国のイージス(Movie・ネタバレあり!)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »