« "十二月大歌舞伎" | Main | "American Girl History Mystery" »

December 06, 2005

建築探偵シリーズ

桜闇―建築探偵桜井京介の事件簿

久々に本のアップ♪
もう大分前のことになるけど、MANGAから読書に徐々に復活しつつあった私は、近くの本屋さんで軽いミステリーを探してみることにした・・・有栖川有栖とか・・・
がっ!一冊も置いてないの~。
で、ふと目に付いた本を買ってみた。それが↑の本。

日本の近代建築を研究しているちょっと変わり者の京介と、深春、その恩師の神代教授、高校生の蒼などが登場する「建築探偵シリーズ」の短編物。
いろいろとくせの登場人物みんなで不思議な家族を構成しているところにちょっと惹かれて、シリーズを読んでみることに。

でも、作者で検索しても、amazonでも見つからないし、図書館でも見つからないし、どうして~?結局、書名から検索して、なんとか見つかって、図書館に取り寄せたんだけれど・・・
1,2冊読んでからようやく気づいた!
アホなあまり、書くのが恥ずかしいけれど、作者の「篠田 真由美」さんを、私は「篠田 節子」さんだとずっと思っていたのだ!そりゃ、作者で検索しても、出てこないわけだよ。
ずいぶん作風変わったなぁ、と思ってたけど・・・京介と深春の母校は「高田馬場にほどちかいW大学」で、「篠田(節子)さんは学芸大じゃなかったっけ?他校を舞台にするとは珍しいなぁ・・・」とずっと思っていたけれど・・・
別人ですよっ!
(ちなみに、篠田真由美さんは早稲田大学出身)

とにかく、シリーズ第一部、一気読みしました。(相変わらず、読み方が極端・・・)
未明の家 玄い女神―建築探偵桜井京介の事件簿 翡翠の城―建築探偵桜井京介の事件簿
灰色の砦―建築探偵桜井京介の事件簿 原罪の庭―建築探偵桜井京介の事件簿
紹介しておいてナンだが、ミステリーとしての出来はさほどではないの。でも、いろいろと過去のある登場人物の人間くささと、成長ぶり(特に、蒼の)が気になって、ついつい読んでしまうのだよね。
第2部の1巻目も読了。
美貌の帳―建築探偵桜井京介の事件簿

この方、文庫化されるときにかなり手を加えているとのことなので、基本的に文庫だけを選んで読んでます。
まだ続きは文庫化されていないので、しばらくお休みかな・・・

|

« "十二月大歌舞伎" | Main | "American Girl History Mystery" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79578/7491869

Listed below are links to weblogs that reference 建築探偵シリーズ:

« "十二月大歌舞伎" | Main | "American Girl History Mystery" »