« "America the Beautiful" | Main | "Justice Hall" »

February 10, 2006

GRで古典!祭り Part1

私の中で、「GRで古典を読もう!」祭りを開催中です。

というのもきっかけが二つあり・・・
ひとつは、「映画の前に本を読もうかな?とオリバー・ツイストの原書を買ったけど、難しくて・・・」というお友達の発言。もうひとつは、お友達のblogで、「エマ」のGRが紹介されてたこと。

今まで古典はほとんど読んだことがなく、敷居も高いと思っていたけれど、
「おっ?難しい古典はGRで読めばいいんじゃない?」
と単純に思った私は、早速大量のGRをamazonに注文。
(GRとは、英語学習者向けに語彙を制限して書かれた本のこと。古典や現代の人気作家ものリトールド、ノンフィクション、GRのオリジナルものがある。出版社にもよるが、使用語彙200語(総語数900語程度)のレベル0から、使用語彙3000語(総語数2万語以上)のレベル6まである。Penguin(PGR)、Oxford(OBW)などがある)

届いた大量のGRのうち、とりあえず読んだのはこの3冊。
A Christmas Carol: Level 3 (Oxford Bookworms Library) The Oxford Bookworms Library: Stage 6: 2,500 Headwords Oliver Twist (Oxford Bookworms Library) Emma (Penguin Reading Lab, Level 4)

Oliver Twistは読み応えもあり、とても面白かった!引き込まれて、思わず夢中で読んじゃいました。GR最高峰のレベル6のことはあります。

Christmas Carolは、はるか昔に子供向けの話を読んでるはずなのだけれど詳細は覚えていなくて・・・先日、伊豆のテディベアミュージアムに行ったのだけれど、そこに、「クリスマスキャロル」のワンシーンをテディベアで表現した展示があるの。その意味が、本を読んでようやく思い出せた(OBWでは省略されていたけれど)。

楽しみにしてたEmma、やっぱり古典はOBWのほうがよくかけていると思う。Christmas CarolはOBWレベル3、EmmaはPGRレベル4だけれど、Christmas Carolの方が断然面白い(原作の長さももちろんあると思うけれど)。あまりに淡々としすぎてて、原作のよさを生かしきれていない(と思われる)のは残念。登場人物の多さといい、悪名高き「House of the Seven Gables」を思い出してしまう取り留めのなさでした(笑)。
PGRとOBWの両方で出てるものは、極力OBWを選んで買ったのだけれど、残念ながらEmmaはPGRでしか出ていなかったの!他の2冊はGRだけで十分だけれど、Emmaだけはもう一度ちゃんと読んでみたいな!

ところで、Emmaの中には映画のカットがいくつかイラスト代わりに出てくるのだけれど、キャストを見ると、ユアン・マクレガーも出てるらしいの。でも、全然どれか分からない(笑)。
グィネスはホントに古典顔だよね。この本を読んだらまた見たくなって、またDVD見ちゃいました。
恋に落ちたシェイクスピア コレクターズ・エディション

「GRで古典!」祭り、まだまだ続きます。多分・・・
(今読んでるはずのMary Russelは、どこいっちゃったのー?)

|

« "America the Beautiful" | Main | "Justice Hall" »

Comments

こっちに遊びに来るのは久しぶりでした(^^;

やっぱりきゃんちろさんもそこに気付いたんですねー。そう、古典はGR!ですよねぇ(笑)

もともと文豪ってきいただけでちょっと腰がひけちゃう私は、英米文学でも児童書以外の古典にはほとんど手を出さずにきてしまったのですが、GRなら気軽に読める!ってことで私もOliver TwistはOBWで読了したクチです。Emmaは未読だけど、その他、David Copperfield(←面白かった!)Great Expectations(←うーん、私的にはイマイチ・・・)とディケンズを立て続けに読んだりしました。

でも、ブッククラブに復帰したらGR読むぞーって思ってたんですけど、やっぱり児童書5か6冊に対して、GR1~2冊の割合がせいぜいで、なかなか手が回らない・・・。GR祭りはまだまだ続くみたいなので楽しみにしてまーす!

Posted by: Ernie | February 10, 2006 at 05:41 PM

こんにちは!私もErnieさんやきゃんちろさんと同じくでGRで古典派です。David CopperfieldやChristmas Carol読みました。せっかく映画でやっているのにOliver Twistは未読なので読みたいな。
そして、やっぱりPGRよりOBWの方が読みやすい&面白いですよね!同感~。私はEmmaは持っているのですが投げちゃった・・・。
GR祭りの続き報告も楽しみにしてます。

それから、お忙しいのにバトンまわしちゃったのですが、気にしないでね!私も、もらったまま止めてるバトンが・・・。
風邪おだいじに~。

Posted by: ririco | February 11, 2006 at 08:27 PM

>Ernieさん
気づくの遅すぎよねぇ。っていうか、気づいてたけど忘れてた(汗)。
私も古典ニガテ~。日本語の古文は結構好きだったんだけれど、海外の昔の話はどうも・・・と思ってしまったわ。
Oliver Twist は面白かったよね!私もディケンズたくさん買ったんだー、楽しみなのです♪!
Emmaはねぇ、やっぱりPGRの古典はどうもイマイチ。ブロンテ姉妹は、すっごい分厚いの、PGRしかなくて買っちゃったんだけれど、Emmaを読んだ後、「もしかして失敗した??」と思っちゃった(笑)。

Posted by: きゃんちろ | February 19, 2006 at 08:10 PM

>riricoちゃん
Oliver Twist面白かったので是非読んでみて~!
Emmaは、訳本でも上下巻になってるので、あれをPGR3の薄いので書くのは無理があると思う~。あれを読んだら、怖いもの読みたさで「House of Seven Gables」がもう一度読みたくなりました。
EmmaもOBWで出てくれないかな!
お祭りの続き・・・がんばります!

Posted by: きゃんちろ | February 19, 2006 at 08:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79578/8590563

Listed below are links to weblogs that reference GRで古典!祭り Part1:

« "America the Beautiful" | Main | "Justice Hall" »