« "Sherlock in Love: A Novel" | Main | "A Week in the Woods" »

March 20, 2006

「決闘!高田馬場」

takadanobaba

浪人、中山安兵衛は、昼間から酒をあおっている様な飲んだくれだが、貧乏長屋の住人たちの信望を集めている。安兵衛の留守中、おじの六郎左衛門がたずねてくるが、安兵衛には会えず、手紙を残して立ち去る。
帰宅後、いやいやながらおじの手紙を読んだ安兵衛は・・・走る!!

公式サイトはコチラ
---------------------------------------

三谷幸喜作・演出、市川染五郎主演によるPARCO歌舞伎「決闘!高田馬場」を、とうとう見てきました♪
歌舞伎に全く疎い三谷さんの作品ということで、心配半分、楽しみ半分というところでしたが、なかなかどうして!思っていた以上に歌舞伎っぽい作品に仕上がっていたと思います。

普段の三谷作品だと、場面の転換のない作品が多いように思うのですが、今回はなんといっても八丁堀から高田馬場まで走らなければなりませんので(笑)、場面が変わるところが多かったのですが、それもなかなかうまかった♪
そして何より、劇中のせりふ(特に、長屋の住人と安兵衛のやりとり)には、三谷さんらしい、ユーモアと暖かさにあふれていました。

けれど、歌舞伎っぽく仕上がった最大の要因は、なんと言っても、染五郎さん、亀治郎さんをはじめとした力量のある若手のパワーだったと思います!
立っているだけでも絵になる染五郎さんな上に、やっぱりうまかった~!亀治郎さんもいい味出してたし。
勘太郎さんは、まだ若いから、染五郎さんと一対一でのせりふのやりとりはまだちょっと物足りなかったかな。再演でまた同じ役を演じられたら、きっと成長が見られるのでしょうね。

全般的に大満足★な舞台でした。


以下、ちょっとだけ辛口に・・・気になる方は見ないでね。



















---------------------------------------

とはいえ、今まで見てきた新作歌舞伎、現代の演出家による新解釈の歌舞伎、という観点から見ると、残念ながら歌舞伎としての完成度はそれほど高くなかったように思います。

私の中ではちょっとイマイチだった、「野田版鼠小僧」よりはよく出来ていたと思うけれど、「野田版研辰の討たれ」や「NINAGAWA十二夜」「COCOON歌舞伎夏祭浪花鑑」には及ばなかったかな。
なので、スタンディングオベーション・・・というほどの感激は、味わえなかった。(私のスタンディングオベーションは、結構ハードルが高いです・・・笑)

というのも、三谷さんの描く作品って、ものすごーく盛り上がりがあるというより、小さなクスリや、ドタバタが重なるようなものが多いから、「高田馬場」みたいな作品よりも、世話物みたいな作品の方があっていたのかも、なんて思っちゃいました。
三谷さんの「文七元結」なんて、見てみたいなぁ。

あと、中山安兵衛が後の堀部安兵衛になるということで、それがらみのエピソードをいろいろ詰め込んでます。これ、三谷さんなりのこだわりだと思うんだけれど・・・お客さんは、堀部安兵衛になることを知ってる人か、堀部安兵衛自体を知らない人に二分されると思われるので、これがらみのエピソードは不要かな、って思っちゃいました。
っていうか、そのシーンのとき、後ろの女の子たちがえらいウケまくって笑ってたので、うるさすぎて全然せりふが聞こえなかったのよ(怒)!
全然おかしいシーンじゃないんですけれど・・・って感じで、文句言おうかと思ったくらいだったわっ!

といろいろ書いたけど、でもね、野田さん、蜷川さん、串田さんには、私は歌舞伎が初めて、というイレギュラーな作品との出会いだったわけだけれど、大好きな三谷さんを、大好きな歌舞伎で見られる、ということに、このうえない幸せを感じたのでした★
(歌舞伎ファンと三谷ファンの積って、とても少ないみたい・・・我が家はかなりのマイノリティのよう・・・)

それにしても、今回パルコの客層は不思議でした。こんなに平均年齢の高いパルコ劇場を初めて見たかも(笑)。パンフレットに染五郎さんが「銀座や歌舞伎座を持ち込まないで・・・」と書いていたので、精一杯渋谷っぽい服装ででかけた私は、劇場内では完全に浮いていました(苦笑)。

ところで、この日の昼の部は勘三郎さんが登場したそう。私が見たのは夜の部だったので・・・残念だった!
でもね、なんと亀治郎さんがせりふとちったのですよ!歌舞伎ではめったにないことなので、新鮮だったー♪亀治郎さんには悪いけれど、よいところ見られちゃった~。

なんだかんだ言って、2時間10分、やっぱり幸せな時間だったな~♪

|

« "Sherlock in Love: A Novel" | Main | "A Week in the Woods" »

Comments

「決闘!高田馬場」の感想楽しく読みました~♪さすが、歌舞伎をいろいろ見ているだけあって視点がすごい・・・。
私は歌舞伎の知識がないので(きっと三谷さん以下に)、もしチケット取れていても話を追うだけで精一杯だったかも?って思います。
でも、年齢層の高いパルコ劇場ちょっと見てみたかったかも(笑)。

Posted by: ririco | March 25, 2006 at 08:20 PM

>riricoちゃん
感想がちょっと辛口だよ・・・とオットに指摘されちゃったんだけれど、もう載せちゃったからそのままにしてたのよ。
こんな感想でも、受け入れてもらってよかったわ。
パルコね、特に私も周りはコネ席で、歌舞伎や踊り関係の人が多かったから、年齢層が高かったのかも・・・いや、でも、おトイレの顔ぶれもいつもと大分ちがいました!

Posted by: きゃんちろ | March 27, 2006 at 10:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79578/9204845

Listed below are links to weblogs that reference 「決闘!高田馬場」:

« "Sherlock in Love: A Novel" | Main | "A Week in the Woods" »