« ランドク | Main | "テロリストのパラソル" »

April 03, 2006

"ルパンの消息"

ルパンの消息

警視庁にもたらされた、一本のタレ込み情報。15年前、女教師が学校の屋上から身を投げ自殺した事件は、実は、殺人事件だった。そして、それには、当時高3だった3人の生徒の「ルパン作戦」が関わっている。今日が時効成立。それまでに、事件を解決することができるのか。

-------------------------------------------------
「横山秀夫」という作家を知ったのは、「半落ち」という作品が話題になったころ。
しかし・・・当時ベストセラーだった「半落ち」は、なかなか文庫化されなかったので、いまだ未読。

この「ルパンの消息」は、著者のデビュー作、というか、デビュー前に「サントリーミステリー大賞」で佳作を受賞したものの、出版されなかったといういわく付の作品。
本屋さんで見かけてタイトルが気になって(ほら、ルパン好きだから・・・)、読んでみたのです。

実は、最初の1/3くらいを読むまで、全く身が入らず、なかなか進みませんでした。
というのも、登場人物がとても多い割には、人物描写があまり細かくないため、キャラが際立っていなくて、なんだかいまひとつ引き込まれないものだから、たまに本を開くと、まだ誰が誰だかわからなくなり・・・という悪循環だったのです。

それが、1/3を過ぎたくらいから、引き込まれてしまい、夢中になって読んでしまいました。

作品の出来もよいと思うし、後半の展開も見事。ただ、やはりコンテスト応募作だなという感じはぬぐえませんでした。
前述のように、キャラの書き込みがいまひとつ淡々としすぎていることと、これでもか!というほど要素を詰め込んでいること。もう少し、要素を減らして(登場人物も減らして)、キャラの書き込みをしたほうが、すっきりしたんじゃないかな、と思います。

とはいえ、そんな未熟さも、作品のノスタルジックとも言える雰囲気にあっていて、なかなか良かったです。かなりインパクトのある本だといえると思います。

この作品、著者のほかの作品とはかなりテイストが違うようなので、是非他の作品も読んでいたいです。特に「半落ち」。

|

« ランドク | Main | "テロリストのパラソル" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79578/9456200

Listed below are links to weblogs that reference "ルパンの消息":

« ランドク | Main | "テロリストのパラソル" »