« シネマ歌舞伎 | Main | ランドク »

April 01, 2006

古き良きイギリスミステリー

最近洋書の長編にいまひとつのめりこめない日々が続き、途中で投げた(というか、休止中・・・)の本がたくさん。
なので、短編を。

The Mysterious Adventures of Sherlock Holmes (Puffin Classics)

ホームズ物は、短編集5冊、長編4冊からなっていますが、その短編集を再編成したのがこのシリーズなのかな?Puffin Classicsは子供(ヤングアダルト)向けのシリーズではあるのですが、リライトなどはされていないと思います。(多分)

★The Greek Interpreter
★The Gloria Scott
★The Resident Patient
★The Boscombe Valley Mystery
★The Three Students
★The Crooked Man
★The Five Orange Pips
が収録されています。ホームズは、何度読んでも好き★
同じシリーズに
The Great Adventures of Sherlock Holmes (Puffin Classics) The Extraordinary Cases of Sherlock Holmes (Puffin Classics)
もあります。

ポアロの事件簿

大分前に買った本なので、残念ながらamazonに画像がありませんでした。
★The Jewel Robbery at the Grand Metropolitan
★The Tragedy at at Marsdon Manor
★The Adventure of the Clapham Cook
★Four-and-Twenty Blackbirds
★The Adventure of the Cheap Flat
★The Adventure of the Italian Nobleman
が収録されています。

この後、別の短編集も読み始めたのですが、クリスティは多作な作家だけあり、あたりはずれも激しい(笑)。ので、その短編集は保留中。また読み始めることもあるでしょう・・・

↑は、講談社英語文庫なので比較的手に入りやすいかも。価格も安いしね。巻末に語彙の説明も載っていますが、バイリンガル文庫と違い、本文中は英語だけなので、英語に集中して読むことができます。
そういえば、昔、トーキーだったか、クリスティが結婚した街だったかに行ったことがあります。のどかな港町でしたが、ここがポアロやミス・マープルの原点だったのかと思うと、感慨深いものがありました。

そういえば、最近までNHKでクリスティもののアニメやってましたね。
何度か見ただけだけれど(上の"Four-and-Twenty Blackbirds"はアニメで見た)、またやらないかなぁ。
(番組HPはコチラ

|

« シネマ歌舞伎 | Main | ランドク »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79578/9439847

Listed below are links to weblogs that reference 古き良きイギリスミステリー:

« シネマ歌舞伎 | Main | ランドク »