« 「ブックカバーの本」 | Main | 「第三の時効」 »

May 23, 2006

「探偵ガリレオ」シリーズ

探偵ガリレオ 予知夢
容疑者Xの献身

刑事草薙、天才物理学者湯川助教授が挑む、奇怪な事件。
「探偵ガリレオ」と「予知夢」は短編集。「容疑者Xの献身」は、直木賞受賞、このミス1位などの話題作です。

-----------------------------------------
オットが東野圭吾にはまっている。で、次から次へと買ってくるので、一緒になって読みました。
オットは「容疑者X」=>「ガリレオ」=>「予知夢」の順番で読んでましたが、私は出版順に、容疑者Xを最後に。

「ガリレオ」も「予知夢」も面白いけど、「容疑者X」が圧巻。確かに、ミステリーという枠だけではくくれない。プロットも謎解きも見事な上に、ベースとなるストーリーも秀逸。ホームズ&ワトソンタイプの組み合わせは推理小説に良くあるけれど、このシリーズではホームズもワトソンも人間くさい。それがまた素晴らしいのです。
「容疑者X」だけでも十分面白いですが、「ガリレオ」「予知夢」を読んで、草薙&湯川の人物をより知ってから「容疑者X」を読んだ方がより楽しめるかな。

それと、「容疑者X」の舞台となる町は、私が数年前に住んでいた町。今でもたまに犬の散歩がてらぶらぶらしたりするので、文字で書いてる風景が実像として頭に浮かんでくる。そんなところもこの本に惹かれた理由だと思う。
あとね、
実は「容疑者X」と同じ数学をかつて勉強していた私。
(きゃっ!恥ずかしいので小文字でっ!)
もちろん私は超落ちこぼれだから、容疑者Xと比べるべくもありませんが、数学者独特の論理思考や、定理に没頭してたら朝になっちゃったって、ちょっとだけ理解できる気が。ちょっとだけですけどね・・・

でもね、オットはこの後読んだ別の東野圭吾作品を絶賛していたよ。私も読まなきゃっ!

#2006年和書16,17,18冊目

|

« 「ブックカバーの本」 | Main | 「第三の時効」 »

Comments

私の読んだ順番はきゃんちろさんの旦那さまと一緒ですよ~。(って言うか「予知夢」はこれから読むのですが・・・)
「容疑者X~」はシリーズものと言うより単独で面白いですよね。私は「容疑者X~」から読んでしまったので、ガリレオはちょっと物足りない気分でした。
次はぜひ「白夜行」を!(長いけど~)

Posted by: ririco | May 24, 2006 at 10:18 PM

短編はそれなりに面白いと思うのだけれど、「容疑者X」がすごすぎるので、確かにその後短編を読むと物足りないかもね。
そういう意味でも、私は期せずしてよい順番で読んでしまったかも!?
白夜行も家にはあるのだけれど、なんと言ってもあの厚みに若干しり込みしています(笑)。
次は「秘密」を読む予定・・・

Posted by: きゃんちろ | May 27, 2006 at 09:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79578/10200568

Listed below are links to weblogs that reference 「探偵ガリレオ」シリーズ:

« 「ブックカバーの本」 | Main | 「第三の時効」 »