« "A to Z Mysteries" | Main | "A to Z Mysteries" Part2 »

May 02, 2006

「嗤う伊右衛門」

嗤う伊右衛門

浪人伊右衛門は、縁あって民谷岩と結婚し、民谷家の婿養子となり家督を継ぐ。しかし、その生活に暗雲をもたらす出来事が続く。

--------------------------------------
タイトルから十分想像がつくけれど、「四谷に住む伊右衛門さんとお岩さん」の物語。
もしこれが・・・「麻布に住むタローさんとハナコさん」の物語だったら・・・★5つなくらい面白かったけれど・・・
お岩さんと聞いて勘三郎の姿が浮かんでしまう私にとっては受け入れがたい物語だったよ・・・

あとがきには、鶴屋南北の「東海道四谷怪談」の元となった奇譚集の人物設定を元に、「四谷怪談」の登場人物を組み入れ、京極夏彦なりの物語を編み出した、四谷怪談のパスティーシュ、というようなことが書いてある。
えっ、こういうの、パスティーシュというの???

amazonのレビューはおおむね星が高く、「京極の描く四谷怪談の世界」などというコメントが多いけれど、声を大にして言いたい。
これ、四谷怪談じゃありませんからっ!

私も、四谷怪談の話を知らなければ、そして、勘三郎の四谷怪談を見た直後でなければ、きっともっと面白かっただろうな。

ただ、この本には、四谷怪談の登場人物がほぼ全員登場する。が、四谷怪談と同じなのは名前だけ。人物設定も、人間関係も、性格も、四谷怪談とはもうぜんっぜん違う。
さらに、隠亡掘とか、戸板返し、といった、四谷怪談のハイライトシーンも、四谷怪談の話の流れとは全く関係ないところに組み込まれている。
こんなかんじで、登場人物の名前とエッセンスだけを取り出して、全く関係ない話を作り上げる、京極夏彦のストーリーテラーとしての才能はさすが。
↑褒めてるんだかなんだかわかんないけど、褒めてますよっ!

ま、裏を返せば、江戸の噂話みたいな話から、「東海道四谷怪談」という素晴らしい作品を生み出した鶴屋南北の方が、すごいといえばすごいけど。

と辛口コメントになっちゃったけれど、文章は美しく、「京極堂シリーズ」と比べると簡潔で分かりやすいし、読んでよかった。ただ、「四谷怪談のパスティーシュ」としては受け入れられないだけで(苦笑)。なので、四谷怪談が好きな人には勧められないけれど、四谷怪談を知らない人にはお勧めできると思います♪

私は途中で「これは四谷怪談じゃない!」と割り切り、「四谷怪談と違うところ探し」をしながら楽しんで読んだけれど、めったに本を投げないオットが珍しく「つらい」と途中で辞めていたけどね・・・

#2006年和書15冊目

|

« "A to Z Mysteries" | Main | "A to Z Mysteries" Part2 »

Comments

大手町で話題になった「嗤う伊右衛門」ついに読んだんですね!確かErnieさんもイマイチって言ってた気が・・・。

>登場人物の名前とエッセンスだけを取り出して、全く関係ない話を作り上げる、~
このあたりは、つかこうへいに通じるものを感じます。私はつかさんの幕末純情伝とか大好きなんだけど、やっぱり幕末や新撰組好きな友達にはすごく受けが悪かったの・・・。

きゃんちろさんのように「四谷怪談」に思い入れがあると京極はだめなのかも。でも、気が向いたら唐沢伊右衛門も見てみて~。(感想が聞きたいだけなんです・・・。)

Posted by: ririco | May 05, 2006 at 09:05 PM

そうなの~、riricoちゃんがいいよ!ってせっかく勧めてくれたのに、辛口感想になってごめん・・・

つかこうへいさんの話、あー、納得!そういえば、三谷幸喜の「新撰組!」も新撰組好きな人には評判悪かったみたいだしね。
私も「四谷怪談」ってことにこだわりすぎてしまったのかも、とちょっと反省。

あれが映画ってどんな感じ?と興味あるので見てみたいんだけれど・・・
本読む前に、唐沢=伊右衛門=悪い男とすっかりインプットしてしまったので、まずそのイメージを払拭しないといけません!

Posted by: きゃんちろ | May 07, 2006 at 07:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79578/9906505

Listed below are links to weblogs that reference 「嗤う伊右衛門」:

« "A to Z Mysteries" | Main | "A to Z Mysteries" Part2 »