« "A to Z Mysteries" Part2 | Main | "The Da Vinci Code" »

May 09, 2006

"新橋演舞場 五月大歌舞伎"

新橋演舞場昼の部に行ってきました。
歌舞伎座が、三年ぶりの團菊祭、団十郎復帰で盛り上がっているせいか、空席が目立ちました。

ひと夜
大正半ばの東京下町。長屋の住人の夫婦喧嘩に巻き込まれる行者の悲哀。

------------------------------
初めて見た演目だけれど、宇野信夫っぽい作品。哀愁漂うラストがなかなか良かったです。新劇でも上演されるというだけあって、歌舞伎っぽさはあんまりないけどね~。


寿式三番叟

踊りの演目はあんまり得意ではない私だけれど、去年の歌舞伎座で染五郎の松廼寿操三番叟にとても感動しました。さらに今回は亀治郎との二人三番叟ということで、とても楽しみにしていたのです。
そして、期待を裏切らない素晴らしい舞台でした。
亀治郎の踊りは初めて見たけれど、染五郎との組み合わせが絶妙!ただ、二人並ぶとどうしても染五郎に目が行ってしまう。体の大きさもさることながら、ちょっとした首の角度や目線などが本当に見事。天性のものなのかなぁ。
年齢は染五郎の方が先輩だけれど、染五郎がはじけ、亀次郎が抑え、のような雰囲気だったのが逆に面白かった。


夏祭浪花鑑
大坂の町を舞台に、魚屋団七をめぐる人間模様を描く。
ストーリーが複雑すぎてここには書ききれません(笑)。

------------------------------
コクーン歌舞伎で勘九郎&橋之助の「夏祭」を見て以来2回目。
が、今回改めて見たら、ストーリーが分かりにくいことこの上ない(苦笑)。
前回コクーンで見たときは全体的にもっと長かったので、もっと細かくいろんなものが説明されていたのでより分かりやすかったけれど、今回いろいろはしょってる上に登場人物が多すぎて、何がなんやら、という感じ。
だってね、後の場の伏線となる出来事がいくつかあったりするんだけれど、その場自体が上演されないから、この芝居だけ見ると伏線の存在意義がわかんないのです。

元々は朝から晩まで長時間上演されていた歌舞伎なので、現代のタイムテーブルにあわせて場を削ったりすると、こういうケースはよく発生する。
なので、こういうはしょってる演目は、歌舞伎に慣れてない人にはちょっと難しいかも。今回歌舞伎初めてのお友達と一緒に行ったので、ちょっとハードルの高い演目だったかな・・・ごめんね。

最後の団七と舅との切り合いのシーンも、コクーンを見た後だと泥の使い方が地味過ぎると思ってしまった~。「勘三郎やりすぎ!」と思いつつ、やはり勘三郎に感化されているのか!<私。

最後の退場のときの吉右衛門の迫力はさすがだったけど、それ以外はちょっとかったるかったかも。期待していただけに残念。

あー、私も早くこういう玄人っぽい演目が楽しめるようになりたいです!

|

« "A to Z Mysteries" Part2 | Main | "The Da Vinci Code" »

Comments

うひょひょ~。私も、来週の金曜日、夜の部行ってくるよ~。いっしょに行くお友達、歌舞伎初めて!・・・と言ってる私もまだまだ初心者ではあるけれども・・・。今回は、花道の後ろの席しか空いてなくってさ。どんなんだろ~?どんな風に見えるんだろ~?初めての席なので、ちょっと楽しみにしています。

Posted by: みき | May 13, 2006 at 12:04 PM

今日筋書持っていけばよかったよねー、ごめんね!
夜の部はどうだろうね。そういえば、福助の道成寺なんだよね。福助の踊りはほとんど見たことないので、私も見てみたいなぁ!
でも、それより、歌舞伎座を幕見でもよいから見に行きたいわ!

Posted by: みちこ | May 16, 2006 at 09:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79578/10001976

Listed below are links to weblogs that reference "新橋演舞場 五月大歌舞伎":

« "A to Z Mysteries" Part2 | Main | "The Da Vinci Code" »