« "Chasing Vermeer" | Main | 「ブックカバーの本」 »

May 21, 2006

"The Da Vinci Code"(映画)

Davinci001

公式サイトはコチラ

今日公開でしたね♪早速見てきました。
ご覧になる予定の方がたくさんいると思うので、特にネタバレはしてませんが、感想は反転にさせていだきます・・・そんなに詳しく書かないけど・・・
















↓ココから反転↓

私は素直に面白かったです。カンヌのプレビューで失笑が漏れたということを見た後知ったけれど、気になるほどの箇所は特になかったかな。
トム・ハンクスのラングドンも、原作のイメージを抱きすぎなければまあまあだと思います。

でも、映画は原作を読んでからの方がよいかも。やはり長い本なので、かなりはしょられていて、映画だけ見ても内容がいまひとつ理解できないかもしれません。「あ、ここの説明はしょりすぎだよね。」と思ってしまうところが何箇所もありました。多分、映画だけ見る方には何のことかよく分からない映画に終わってしまうでしょう。
あと、本だと謎解きも一緒に楽しむことができますが、映画だと展開が速いので、謎解きを楽しむのは無理。やはりアクションを目で楽しむことが中心なんですけれど、その割にはアクションがいまひとつなので、まあこの辺が中途半端と言えば中途半端かも・・・
もしごらんになる予定の方がいらっしゃったら、是非原作を読んでから映画に臨むことをお勧めします。

エンドクレジットの「この映画はフィクションです。実在の人物や団体と関係ありません云々」というところにまで字幕が入ってましたね。映画の中にも「バチカンとは関係ない」というせりふまで出てきちゃってました。
ま、内容を考えると無理もないと思いますが、私を含め日本人の多くは、キリスト教になじみがないからこそ、映画をあくまでフィクションのエンターテイメントとして楽しめるのかな、とも思いました。


↑ココまで↑

って、詳しく書かないといいつつ、結構書いてますね(苦笑)。
さて、↑の公式サイトの秘密の入り口が、どうしても開けない私です!開けた方、是非こっそり教えて☆

-------------------------------------
本編上映前の予告編が終わり、なんだかあくどい顔の人が画面に登場!おっ!これは殺し屋か!?と思いきや、な、な、なんとっ!まだ予告編が続いており、この人こそNEW ジェームス・ボンドだったのであります!どーーーーーみても悪役商会にしか見えないんですけどっ!
是非コチラから見てみてください。
ピアース・ブロスナンが懐かしい・・・


#2006年映画9本目

|

« "Chasing Vermeer" | Main | 「ブックカバーの本」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79578/10163727

Listed below are links to weblogs that reference "The Da Vinci Code"(映画):

« "Chasing Vermeer" | Main | 「ブックカバーの本」 »