« トムさまを探せっ! | Main | 「富豪刑事」 »

June 21, 2006

「スイス時計の謎」

スイス時計の謎

有栖川有栖は結構凝っている割には気楽に読めるので、疲れているときに読むことが多い。が、ブログにあんまり登場する機会がないのは、質のばらつきが多く、最近読んだのがはずればっかりだったからである(有栖川さん、ごめん!)。

久々に「スイス時計の謎」は面白かった。ただし、この短編集の中の「スイス時計の謎」だけだけどね・・・。ものすごく論理的な火村の謎解き。火村自身も、あまりにきれいに証明されてしまったので、何度も確認してしまったほどである(苦笑)。QED、といいたくなる素晴らしさ!こういう論理的な証明、大好きです♪

この前に読んだ「マレー鉄道の謎」
マレー鉄道の謎
は長編だけれど、殺しの動機はさておき、トリックはまあまあかしら?
この本の舞台は「ジム・トンプソン失踪事件」が起きたマレーシアのキャメロン・ハイランドなのだけれど、この本を読んで初めて知った赤っ恥だけど、失踪事件の「ジム・トンプソン」と、タイのシルク王の「ジム・トンプソン」って同じ人のことだったのね・・・私勝手にシルク王のジム・トンプソンはまだ存命してると思い込んでたので、別の「ジム・トンプソン」という有名人がアジアにいるもんだと思ってたよ(恥)。だって~、シルク王の方がまさか諜報機関にいた人だとは!思わなかったし・・・恥恥。
そういう知識を得ただけでも、この本は読んだ甲斐があった???

|

« トムさまを探せっ! | Main | 「富豪刑事」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79578/10640360

Listed below are links to weblogs that reference 「スイス時計の謎」:

« トムさまを探せっ! | Main | 「富豪刑事」 »