« "The Shawshank Redemption" | Main | 向田邦子さん »

June 04, 2006

"The Constant Gardener"

Ralph_fiennes3

ケニア在住の外交官、ジャスティンの妻テッサが、北の僻地にある湖のほとりで、射殺体となって発見される。同行していた医師のアーノルドは行方不明。
熱心な活動家だったテッサは何を調べ、なぜ北の町、ロキを目指したのか。ジャスティンは独自の調査を開始する。

公式サイトはコチラ

-----------------------------------------------
「ル・カレ?スパイもの?007以外のスパイは得意じゃないし、ル・カレは若干苦手だし・・・」と当初あまり見る気のなかった「ナイロビの蜂」。
ところが、私の周りでプチ・ブーム。中には二日連続で見に行ったツワモノまで登場し、やっぱり見なくては!と慌てて行って来ました。

とにかく、この映画を言葉で説明するのは難しい。

重いテーマ、つらい現実。
貧しいはずのアフリカは、鮮やかな色彩と、力強い音楽で表され、
対照的に、
豊かなはずのヨーロッパは、暗い色合いで重苦しい。

この世界のアンバランスが、そんな映像に表されていたように思います。
この映画をごらんになった方は、きっとそれぞれにいろいろと考えてしまうでしょう・・・

-----------------------------------------------
アカデミー賞助演女優賞を受賞したレイチェル・ワイズ。
「ハムナプトラ」で見たコミカルな演技がとても好きですが、今回全く違うタイプの映画なのに、同じように意思が強く、怖いもの知らずの女性を演じていて、とても魅力的でした。
レイフ・ファインズは、この人の映画を今まで一度も見たことがないと思っていましたが、「出演作品」に「ハリーポッターと炎のゴブレット」とありました。えっ?なんの役?と思ったらなんとびっくり!!!でした!
園芸が趣味の、ことなかれ主義の外交官が、妻の死をきっかけに正義感に変身するのではなく、ただただ妻の死の真相を追求し、そして、妻のことをいかに大切に思っていたかを確認する姿が、印象的でした。

-----------------------------------------------
映画だけでもとても素晴らしいのですが、特にテッサの活動をめぐる話などは、原作を読んではいなくても、削られている箇所があるのでは?と感じました。amazonのあらすじをちょっと読んだだけでも、映画と違うところがある・・・
ル・カレは以前一作だけ読んだけれど、いまひとつよく分からなくて、私にとって若干鬼門(笑)。だけれど、是非このスパイの登場しないル・カレ作品を読んでみたい(amazonのレビューによると、ファンの方には評判はイマイチのようですが・・・)

原書は難しいか!?(今買えば、表紙が映画のポスターと一緒♪)
The Constant Gardener

ちなみに、↑に書いた、良く分からなかった本が原作となっている映画も、買ってあるので、近々DVDを見たいと思っています。
見たらまた紹介したいと思います♪


[追記]
エンドクレジットで、ル・カレのメッセージが出ていたが読めなかった!どなたか読めた方、是非教えて!特に、2回見たそこのあなた~★

#2006年映画11本目

|

« "The Shawshank Redemption" | Main | 向田邦子さん »

Comments

エンドクレジットっていうんだ!!!
ル・カレのメッセージって・・・なんだったろう???なんとなく覚えているのは・・・。Animals haven't harmed by this film. みたいな英語だったような・・・。微妙に英語間違えて覚えてるかもしれないけど、ようは、動物虐待はこの映画でしていません・・・。って、自分では捕らえて映画館を出た記憶があるよ~。でも、もっと高尚なメッセージが他にも書かれていたのかなあ???覚えてない・・・。最後までいたけど・・・。

Posted by: みき | June 05, 2006 at 10:36 AM

↑の映画は観てないんだけど、Ralph Fiennesのハリ・ポタでの役にビックリ!のきゃんさんが可愛かったのでつい・・・(笑)

あと、先入観ってよくないんだよね、と思いつつ、Ralph Fiennes&ポスターの感じ&キャッチ・フレーズ等々が、あんまりにもThe English Patientを彷彿とさせるのでどうも腰がひけてしまって・・・(^^;

ところで、Ralphってイギリス出身のはずなんだけど、この綴りでレイフ、ってどうも馴染めないよねー。

Posted by: Ernie | June 05, 2006 at 12:55 PM

>みきさん
エンドクレジットまたはエンドロールというみたいよ♪
「No animals have been harmed...」のメッセージは、最近ほとんどの映画のエンドクレジットで出るので、今度ぜひチェックしてみてね★
ル・カレのメッセージは、「...is as tame as a deer. John Le Carre」と最後だけ読めたのにオーノー!もう時既に遅しで、読みきれなかったのぉ。
三度目があったら、ぜひよろしく(笑)。

Posted by: みちこ | June 08, 2006 at 08:21 PM

>Ernieさん
ハリポタの役、びっくりよ!でも、役としては4で初出だったみたいなので、その前はCGだったのぉ?って二度びっくり。

「The English Patient」は見てないの。90年代はあんまり映画を見なかったので、そのころのよい映画はほとんど見てないのよ。なので最近ようやく追いついていろいろ見ています。この映画もいずれ見るつもりよ。

Ralph、なんでレイフなんだろう?ついでにいうと、Fiennesもつい「フィエンヌ」とフランス語っぽく読んじゃうよ。なぜファインズ??

Posted by: きゃんちろ | June 08, 2006 at 08:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79578/10395151

Listed below are links to weblogs that reference "The Constant Gardener":

« "The Shawshank Redemption" | Main | 向田邦子さん »