« June 2006 | Main | August 2006 »

July 14, 2006

「グロテスク」

グロテスク

10年ほど前に起きた、実際の殺人事件をモチーフにした作品。
現実の事件の方は、当時かなりセンセーショナルに報道されたので、記憶してらっしゃる方も多いのでは・・・?

-----------------------------
主人公の「わたし」には絶世の美女の妹がいる。そんな妹から離れるために、「わたし」はQ女子高へと進学する。大学までのエスカレーター式であるQ女子高は、歴然とした階級社会。財力があり華やかな初等部からの生徒がもっとも偉く、優秀な中等部からの生徒がそれに続く。高校からの生徒はダサく、ガリ勉で「外部生」と呼ばれ、下から進学してきた「内部生」との差は歴然としており、ふたつのグループの間には大きな壁がある。
「わたし」と同じ外部生の和恵は、なんとか見下されない存在になろうと、内部生をまねてもがき苦しむ。しかし、自慢の成績の方も、中等部出身のミツルには敵わない。
そんなある日、妹のユリコが中等部へと編入してくる。

そして20年後、ユリコと和恵は娼婦となり、殺害される・・・

-----------------------------
↓で書いた、「読みたかった桐野夏生の本」っていうのがコレです。

この本では、殺人事件の出発点が、3人の高校時代にさかのぼるとして、高校時代の話がかなり丁寧に描かれており、全体の1/3くらいを占めます。
この高校時代の話は、個人的にいろいろと思うことがあり・・・
共感する点もあり、高校時代を懐かしく思う点もあり、そして、、「それは絶対違うでしょ!」と思う点も。かなり感情移入して読んでしまいました。


物語の方は、その後なぜ和恵が娼婦となったかについてが、和恵の手記の形で綴られていく。
ここからが、本当にすごい。容赦ない。和恵の心が壊れている過程が、本当にすさまじい。怖い。
amazonの書評などに書いてる人多いけれど、読後感サイアク(私は↑の理由により、複雑な気分だし)。なのに、読んでしばらく、この小説の世界に支配されてしまう・・・とにかく、メチャメチャ疲れた(<=仕事の締め切り迫ってるのに、ついつい読んじゃったし)。
↓のミロシリーズもそうだけれど、桐野夏生、本当に恐ろしい引力を持つ作家だ。最近立て続けにこの人の本を読んだので、しばらく辞めよう。なんだか、頭がおかしくなりそう・・・


実際の事件をモチーフにした小説って、イヤだな。怖いな。
ある部分は事実に即して書いていて、ある部分は全くフィクションで、ある部分は事実を誇張して書いている。読み手は、どこまでが真実で、どこからがフィクションなのか、分からなくなる。
もちろん、全部をフィクションだと思えればいいんだけれどねぇ。。。

とにかく衝撃的な本だったので、支離滅裂な感想で失礼。。。


それにしても、なぜこれが「このミス」にランクインするのか、やっぱり不思議。明らかに「ミステリー」じゃないし・・・

| | Comments (6) | TrackBack (0)

July 11, 2006

「村野ミロ」シリーズ

顔に降りかかる雨 天使に見捨てられた夜
ダーク (上) ダーク (下)
ローズガーデン 水の眠り 灰の夢

しばらくブログアップしない間に、何をしていたかと言うと、「桐野夏生」祭りを開催していました(苦笑)。
本当は彼女の別の本を読みたくて買ったんだけれど、この「村野ミロ」シリーズにはまっちゃって、こちらを先に読了。

女流探偵村野ミロシリーズ、
「顔に降りかかる雨」=>「天使に見捨てられた夜」=>「ダーク」の3部作に、
ミロが登場する短編集「ローズガーデン」、外伝のようなミロの父親村善の若き日の話「水の眠り 灰の夢」。

「女性が書く、女性のためのハードボイルド」だそうだけれど、同様の女性作家のハードボイルドものの、キンジー・ミルホーンシリーズと同じくらい、探偵の村野ミロがひどい(笑)。

初登場の「顔に降りかかる雨」では、ミロは致し方なく探偵のようなことをはじめる。真ん中の「天使に見捨てられた夜」はイマイチ。そして、最終巻の「ダーク」は恐ろしい。「女流探偵」なんだけれど、どの巻でもミロは探偵じゃない。わがままで、とっぴで、かなり変わっているただの女性。
そして、「顔~」と「天使~」で作り上げた村野ミロワールドは、「ダーク」において、作者自身の手によって見事に壊される。お金や愛に絡み、ミロをはじめ、ミロの周りの人々は豹変する。こういう人間の恐ろしさを描くのって、この人本当に上手だな、と思う。本当に、恐ろしすぎるほど、怖い。

あまりに恐ろしすぎるので、この「ミロ」シリーズはあんまり人にオススメできない。
でも、もし読まれるのであれば、
「顔~」=>「天使~」=>「ローズガーデン」=>「ダーク」の順番で読むのがオススメ。「ダーク」の前に「ローズガーデン」を読むと、ミロがよりよく理解できるかも?(または、ますます理解できないかも・・・)


が、「水の眠り 灰の夢」は私結構好き。昭和三十年代の話。しかも、舞台は、今私が住む場所のすぐ近く。今とは全く違う風景が描かれ、ノスタルジック。日本も成長期で、村善も青春真っ只中。東京オリンピックを目前にして、古い町並みが壊され、変わっていく日本と、ある事件に巻き込まれたために、やはり変わっていく村善の対比がとても良い。

私はこれで村善が好きになってしまったので、「ローズガーデン」と「ダーク」の村善を読むのがちょっとつらかったのです。

って、読んでない人には全く分からない感想ばかりでスイマセン。。。



7/13まで、ココログメンテナンスのため、コメント、トラックバック共に不可となります。
メンテ終了後にまたよろしくお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2006

"Sisterhood of the Traveling Pants"

Sisterhood of the Traveling Pants

Washington DC に住む、Carmen、Tibby、Lena、Bridgetの4人は、仲良しの女子高生。今年の夏休み、4人は初めて離れ離れで過ごすときに。そんなとき、Carmenが古着屋で買ったジーンズが、ちょっと不思議であることに気づく。これってもしかして、魔法のジーンズ??

-----------------------------
いまさらトラベリングパンツ。なんか全然洋書に手が伸びなくて、そういえば前から読みたかったから、と珍しく本屋で買ったのだが・・・翌日別の本屋でセールになってた(涙)。しかも、映画の写真付の~(号泣)。

恋愛系が苦手な私だけれど、青春モノは結構すきなのです★特に、こんな多感な女子高生ストーリーは大好きなのです!
4人の少女たちの中で、誰が一番好きですか?私はLenaかなぁ。

これ、3年目の夏まで出てるんだけれど、こういうのの続編ってはずれが多いのだけれど・・・これはどうだろうか・・・読んだ人いますかぁ?

#2006年洋書23冊目
(PB12,GR6,児5)
 70,000words
累計9,213,847words

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »