« 「フラガール」 | Main | "007: A View to a kill" »

November 17, 2006

新橋演舞場花形歌舞伎

Enbujo_chirashi_0611

今月の演舞場は、旧三之助揃い踏みです♪
(でも、松緑の襲名以降、本格的に歌舞伎を見始めた私は、三之助時代は知らないの~。。。)
いわゆるトチリ席だし、花道横だし、花道が多い演目ばかりだったからサイコーでしたよっ!
菊之助MONTHのため、いささか興奮気味な感想をドーゾ。



番町皿屋敷

喧嘩大好きな旗本、青山播磨は、腰元のお菊とひそかに恋仲に。
しかし、播磨に結婚話が持ち上がり、播磨の心を疑うお菊は、わざと家宝の皿を割り、播磨の心を試す。
誤って割ってしまったと思う播磨は、お菊を許すが、やがてわざと割ったことが分かり、それが自分の心を試すためだと知った播磨は。。。

===================================
井戸からお菊さんが出てきて、「一枚、二枚・・・」という話だったと思っていたけれど、これはなんと悲恋もの。
播磨役の松緑、豪快だけれど恋には純粋な若侍を見事に演じきっており、かなり見ごたえがありました。それにちょっとスリムになった?見直しちゃったな。



勧進帳

義経一行が山伏の一行に身を隠し、東北に逃れようとしているとささやかれている。安宅の関を守る富樫は、山伏は絶対に通さないと固い決意で守っている。
そこへ、弁慶を先頭に、義経の一行が到着する。

===================================
富樫=菊之助、弁慶=海老蔵の、夢の競演。
勧進帳自体は、今回三回目だけれど、今まで見た中で一番良かった。

最初に見たのは松緑襲名のときで、松緑が弁慶、菊五郎が富樫だったけれど、松緑は弁慶にはまだちょっと役不足、アンバランスと感じた。
次は海老蔵襲名で、団十郎が弁慶、海老蔵が富樫。海老蔵は、やっぱり団十郎に食われていた、と思った。

で、今回の菊之助と海老蔵の富樫・弁慶は、真面目っぽい菊富樫と、豪傑な海老弁慶のバランスもバツグン!やっぱり海老は弁慶の方が合うな、と思ったけれど、やはり襲名公演で鍛えられたのかな、2年前弁慶をやっても、また役不足だったかも。
と思うと、成長した松緑の弁慶も見てみたいな、とも思う私。

あと、海老菊なのだから、できれば義経も若い役者にして欲しかった。だって、明らかに弁慶より年取ってる義経なんだもの。松也あたりの義経も見てみたいけど、松也じゃ背が高すぎるか~。。。



弁天娘女男白浪

鎌倉にある呉服屋に、美しい武家の娘が供を従えてやってくる。婚礼の衣装選びということだが、その最中、そっと小布を懐に隠す。
帰り際、万引きだと咎められ、店の物に打ちすえられて怪我をするが、なんとその小布は別の店で買ったもの。
呉服屋は金子を要求されるが、その娘は実は・・・

===================================
いやいや、菊之助の弁天小僧菊之助ですよっ!
↑の富樫とは打って変わり、愛らしい娘姿で登場!ひさびさに、娘チックな菊之助♪
「婚礼の支度とは言わないで~」と恥らう姿に♥♥♥!!

そして、男だと見破られたときの変わりようと言ったら!!!
「知らざぁ言って聞かせやしょう!」の名ゼリフ!!(声の通りも良いのよねぇ。。。)

海老蔵との絡みを2ヶ月連続で見たので、「派手な海老蔵と競演しちゃうと、菊之助は脇役タイプか!?」なんて複雑な心境だったけれど、ところがどうして、やっぱり十分主役はれるじゃないですか!最近菊之助主役の芝居見てなかったから、忘れてたよ!!
それに、清純な娘役や、真面目一本やりな若武者役ばかり見てきたけれど、こーんなワルな役もステキ!!新たな魅力を発見しちゃったかも。。。

それにしても・・・十年時間を戻して、襲名公演の弁天小僧を見てみたいわぁ!!


===================================
===================================
ところで、↑のチラシの一番←のヘンな人、菊之助なんだけれど、これは夜の部の船弁慶の衣装なんだよね。弁天小僧や富樫の方がずっとずっとステキなのに、何でこのヘンな船弁慶の写真が採用されてしまったのか、理解に苦しむ。。。
船弁慶、大体陰気な舞であんまり好きではないのだが・・・菊之助ならちょっと見たいかも(笑)。海老蔵の宙乗り狐忠信も見たい。。。むむっ!まだ空席もあるっ!


ところで、先日江ノ島に行ったときに、菊五郎・菊之助親子の手形があったの。
弁天小僧、江ノ島出身(?)ということになってるから縁があるって言うことで、江ノ島歌舞伎なども上演されたそう。。。

画像使い回しですが、こんな写真も撮ってきました♪

Kabuki


===================================
===================================
ところでその2、まもなく「犬神家の一族」が公開されるけれど、なんで菊之助この役受けちゃったのかしら??ほとんどマスクかぶってるし・・・

大体、「東京国際映画祭のクロージング」にもマスクで行っちゃったって、ちょっとショックなんですけれど・・・
と思ったけれどね、良く見たら菊ちゃん素顔で写ってるじゃん!では、このマスクマンはいったい誰~??

あとさ、最近菊之助の出待ちする人たちは、お約束で「スケキヨ ストラップ」をつけないといけないらしいの(笑)。いくら菊之助ファンの私でもこれは・・・

って、ある日私がコレつけてるのみたら笑ってください・・・


それにしても、今回の感想は、菊之助ネタ満載すぎるよっ!<=と、自分につっこんでみた。。。

|

« 「フラガール」 | Main | "007: A View to a kill" »

Comments

トチリ席だなんて羨ましい~!し、演目も有名なものばかりだし、↑も内容盛りだくさんで何から書いたらいいかしらん、状態なんだけど(苦笑)一番はやっぱりきゃんさんのキクさまへのあつーい思いが充分に伝わるなぁ、ってことかなぁ(笑)

とりあえず、一度は「知らざぁ言って聞かせやしょう!」&キクノスケが主役はってる姿を生で観てみたいものです♪

海老蔵の宙乗りも評判いいみたいで、お披露目に至るまでの裏事情も含めてちょっと興味あり、です。

それにしても「犬神家」、私も何故にスケキヨなのか、そして何故にキクノスケに白羽の矢がたったのか、謎です(苦笑)

スケキヨ、ストラップに大ウケでした。でも今度きゃんさんに会うときまでにはきっと、携帯についていることでせう(笑)

Posted by: Ernie | November 18, 2006 at 10:44 PM

>Ernieさん♪
早速感想ありがとう!!
そうだよねぇ、菊之助について語りすぎてるよね。。。ハハハハ!

弁天小僧の演目自体、2回目なんだけれど、前見たときは実は菊五郎だったんだよね。
菊五郎のももちろん良かったんだけれど、やっぱり実年齢の若さと可憐さの勝利かな、と思ったわ。
Ernieさん的にはやっぱり菊五郎の方がよい!かもしれないけどね(笑)。

狐忠信も好きだから、宙乗り興味あるんだけれどねぇ。さすがに今月はムリかなぁ。演舞場も幕見があれば気楽に行かれるのにっ!

「犬神家」、やっぱりママに頼まれて断れなかったのか??
でも、なぜにスケキヨと言っても、男の役はスケキヨ以外にたいした役ないよねぇ。(金田一を除く)いっそのこと、マツシマナナコの役でも良かったりして・・・

スケキヨ ストラップ、もう劇場窓口ではないみたいなのよ。ヤフオクで1500円で売ってたわ(<=って、結局調べてるし・・・)。
でも、今日劇場窓口行って万が一あったら・・・買っちゃうかも(苦笑)

Posted by: みちこ | November 19, 2006 at 10:37 AM

私も↑見に行ってきたよ~。午前の部だけだけどね。海老蔵はもともと好きではなかったんだけど、今回、初めて海老蔵の歌舞伎を見て、びっくりさせられたよ~!歌舞伎は超すごいのね!!!テレビの演技は最悪だったけど!あの目だけで演技しちゃうところも脱帽!!!あの顔は、歌舞伎を演ずるために生まれてきたようなものだわ!!!これからは、海老蔵の歌舞伎にも注目しよう!

菊之助や松也の美しさにもほれぼれしちゃったよ~!

Posted by: みき | November 19, 2006 at 12:19 PM

>みきさん♪
あれ!染さん出てないから行かないかと思ってたけど、行ったのね~!!
海老弁慶は賛否両論みたいなんだけれど、私は結構よかったよ!
あの目、確かにすごいよねぇ。成田屋に目の小さい男の子が生まれちゃったらどうするんだろう??とひそかに心配しちゃうよね。

松也もきれいでステキだよねぇ。素顔見たことあるけれど、背が高くてかっこいいよ!
菊ちゃんは言うに及ばず・・・ですが(笑)。

↑のErnieさんもそうなんだけれど、みきさんも、私が宣伝活動した人がみんな歌舞伎にはまってくれてうれしいな!!

Posted by: みちこ | November 22, 2006 at 12:21 AM

そうだよ~。あれ以来、すっかり歌舞伎にはまってしまったのである~。歌舞伎のトランスレーター(?)の講演会も勉強になったしー!!!なんといっても、ミチコさんが毎回ここで詳しく説明してくれるので、なおさらよくわかる!!!来年1月の朧の森に住む鬼も見に行くんだじょ~。ミチコさんは行くの?

Posted by: みき | November 22, 2006 at 06:02 PM

「朧の森」はきっと行くだろうと思ってたよ~!
私は行かないけど、報告待ってるわん♪

私別に詳しく説明してないよ~!
でもね、私みたいな「詳しくない人」でも、歌舞伎行っても楽しめるんだよっ!って気持ちを込めて、できるだけ専門的でない感想を書いてるつもりなのよ。
みきさんも、是非アッチで感想アップしてよぉ!

Posted by: みちこ | November 22, 2006 at 06:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79578/12725227

Listed below are links to weblogs that reference 新橋演舞場花形歌舞伎:

« 「フラガール」 | Main | "007: A View to a kill" »