« 江神二郎三部作 | Main | 幻想運河 »

February 06, 2007

Detective Zack

Detective Zack and the Secret of Noah's Flood (Detective Zack (Unnumbered))
Jerry D. Thomas

Detective Zack and the Secret of Noah's Flood (Detective Zack (Unnumbered)) Mystery at Thunder Mountain (Detective Zack (Unnumbered)) Danger at Dinosaur Camp (Detective Zack (Unnumbered)) Detective Zack: Secrets of the Sand (Thomas, Jerry D., Detective Zack, 4.) Detective Zack: The Red Hat Mystery (Thomas, Jerry D., Detective Zack, 5.) Detective Zack: Missing Manger Mystery (Thomas, Jerry D., Detective Zack, 6.)
by G-Tools

☆★↑画像をクリックするとamazonにジャンプ!できます↑★☆

Detective Zack シリーズの1巻から6巻まで、ようやく読破。
(以前1巻のみ読んだときの感想はこちらから==>CLICK!!

1=>5=>3=>2=>4と読んだ後、実は4巻と5巻が続き物だということが分かったので、もう一度5巻を読んで6巻へと。
(そして、シリーズ全体がビミョーに続き物なので、もし読まれる方がいらっしゃったら、ちゃんと巻順に読むのがオススメ。)

全体を通じて、Zackとその一家が、聖書の物語が実際に起こった出来事だということを証明するために、いろいろな場所を旅し、その謎を証明していく、という話なのです。
2巻だけはちょっと毛色が違っていて、友達とキャンプに行ったZackたちが、神を信じるなんてばかげている!と思う非クリスチャンの少年たちと、どのように交流していくか、というお話です(わたしは結構この巻、好きです)。

旧約聖書の場所をめぐる4巻、5巻と、クリスマスの風習の移り変わりを追う6巻が、個人的には面白かったです。

4巻、5巻は、旧約聖書の登場人物や記述されている内容が、どのように史実と一致しているか、ということを説明する話なのですが、そもそもその話自体が分からなかったので、図書館でいろいろ本を借りてきて、参考にしながら読み進みました。


聖書を歩く 上 旧約聖書の舞台をめぐる旅
ブルース ファイラー Bruce Feiler 黒川 由美
4562037881

4巻、5巻と同じような地域を巡っています。
また、1巻のノアの箱舟の話にも関連があるので、1巻読む前にも読みたかったです。
まだパラパラとめくった程度なので、これから読むつもり。
表紙がとってもステキなのに、本文には写真なし。写真があるともっと良かったのに!
そして、Detective Zackシリーズは聖書の記述は絶対正しいという前提の下に書かれていますが、
この本の著者は伝承の部分も多いという前提のようです。
(ノアが800歳まで生きたのはおかしい!という意見も見られたり。)
一人称の語り口の本って、原書で読んだ方が読みやすいのかなぁ。


Aera mook キリスト教がわかる。
(amazonでは在庫切れ)
わたしが前から疑問に思ってた正教会の成り立ちとか、イギリス国教会の話なんかがとても分かりやすく書いてあり、Zackシリーズのレファレンスとして以上に参考になりました。

#2007年洋書5冊目
(PB0,GR0,児5)
 73,000 words
累計9,535,766words

|

« 江神二郎三部作 | Main | 幻想運河 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79578/13782007

Listed below are links to weblogs that reference Detective Zack:

« 江神二郎三部作 | Main | 幻想運河 »