« 幻想運河 | Main | 通し狂言 仮名手本忠臣蔵(昼の部) »

February 10, 2007

"Marie-Antoinette"

Ma_wp03s

公式サイトはコチラ

14歳でフランス王室に嫁ぎ、18歳で王妃となった誰もが知るマリー・アントワネットの半生を描いた映画。

今までソフィア・コッポラの映画は見たことがないのですが、私がイメージしていたソフィア・コッポラ・ワールドそのもの!
もっとロココ風全開なのかと思っていましたが、それ以上に、贅の限りを尽くし遊びに溺れるマリーの生活が退廃的に描かれます。それと対照的に、自然あふれるプチ・トリアノンの素朴な生活が美しいこと!!そして、マリーの生活は急速に破滅へと向かって進んでいきます。。。

史実にどこまで忠実なのか、とか、あの時代にあの衣装はヘンなのでは?などの突っ込みどころはあるのかもしれませんが、ソフィアの中のマリー・アントワネットの世界と思えば納得(そして、数々の賞にほとんど引っかからなかったこともある意味納得。。。)。

私は女友達と見に行って大正解♪ぜひ女子同士で見に行くべき映画ですっ!

|

« 幻想運河 | Main | 通し狂言 仮名手本忠臣蔵(昼の部) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79578/13893627

Listed below are links to weblogs that reference "Marie-Antoinette":

« 幻想運河 | Main | 通し狂言 仮名手本忠臣蔵(昼の部) »