January 23, 2007

懐かしソングのボサノバ・バージョン

ステイン・アライヴ~ボサノバ・スタイル・オブ・ディスコ・クラシックス
エルディッサ
B000EZ8BX4

日産MOCOのCM。。。
ステキな曲だと思ってたんだけれど、ある日ふと気づいた。
「Stayin' Alive」って言ってないかい???

というわけでiTMSで検索したら見つけちゃった、ステキなCD☆
あの、あの、あの、「Stayin' Alive」とは思えないほどしっとりとした曲♪
まだ4曲しかDLしてないんだけれど、お気に入りは「Funky Town」★
この頃アメリカのポップスにどっぷりとはまってたので、懐かしく、でも、新しいテイストなのがなんとも不思議。。。

でも、問題が。
曲名とか全然覚えてないから、タイトル見ても何の曲か分からず、短い試聴だと、全くアレンジが違うからこれまた何の曲か分からないっ!
やっぱCD買うしかないか!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2007

"a girl meets BossaNova 2"

a girl meets BossaNova 2
OLIVIA
B000JGEUJC

☆★↑画像をクリックするとamazonにジャンプ!できます↑★☆

これもちょっとだけお手伝いさせていただいたCDです。
ボサノバを中心としたさまざまな楽曲のカバーです。
去年発売されたのに、ずっとアップしそびれていました。
可愛らしいのにちょっとハスキーな声がGOOD☆

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 22, 2006

大人のクリスマスソング♪

The Gift
コリン・メイ
B000ICLZ0E


ちょっとお手伝いさせていただいたCDが発売になりました!
Corrinne Mayという、シンガポール出身、アメリカ在住の女性シンガーのアルバム。

ほとんどの曲がスタンダードなクリスマスナンバーですが、ポップスではなく(なんというのだろう?ホワイトクリスマスとかそういうのじゃないということ)、賛美歌や伝統的なクリスマスキャロルなどのHolyなものばかりです。
Corrinne自身が敬虔なカトリックであり、「主の生まれた日であるクリスマスを祝う」という神聖な気持ちから生まれたアルバムなのでしょう。
その気持ちが「The Gift」というアルバムのタイトルにも込められています。

ちょっとハスキーだけれど透明感のある声で、しっとりとした大人のクリスマスソングに仕上がっています。

1曲目は「Silent Night」。これって、クリスマスアルバムだと最後に入ってることが多いけれど、これが1曲目っていうのがなかなかインパクトがあります!
どれもステキな曲ばかりなのですが、変わったところとしては、Corrinneが詞をつけた、「Corrinne版Jupiter」も収録されています。綾香さんのと比べてみて!!

このCDをかけたら、気分は一気にクリスマス~★
↓のサイトから視聴できますので、聴いてみてくださいね♪


コチラの右下のボックスで、再生ボタンをクリック!(早送りボタンを押すと、ほかの曲も聴くことができます)

または、曲数は少ないですがコチラから。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

February 03, 2006

"America the Beautiful"

AmericanPrayer

何の気なしにiTunesで買った曲がとても素晴らしかったのでご紹介。

アメリカのpatriotic songsを探していたけれど、いかにも「愛国心あふれる軍隊の歌ですっ!」というようなのばっかりだったけれど、インストゥルメンタルのを発見!
聞いてみたら・・・穏やかなハープの音色に、心がホンワカと暖かくなるよう!

patriotic songsは大好きだけれど、9.11以降、イラク戦争に対するアメリカの正当性に対する宣伝塔の役目を果たしているような気がして、とても悲しかった。
このCDも、9.11の被害者に対して捧げられているものだけれど、「暴力に、暴力をもって立ち向かってほしくない」という彼女の心が表れているよう。

CDの詳しい情報はコチラから。試聴も出来ます。(購入もできるみたい)他にもステキなCD情報がたくさんある~、買ってみようかな!
iTunesお使いの方は、iTunesから試聴、購入できます。(たぶん・・・自分はやったことないので良く分からないけど・・・)

Patriotic Songsのひとつであり、このCDにも入っている「America the beautiful」は、前にもブログで紹介したけれど、Sabudaの本になって出ています。すごい本です。自由の女神の顔がちょっと怖いけど(笑)。
America the Beautiful (Classic Collectible Pop-Up)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2005

"The world is bound by secret knots"

World Is Bound by Secret Knots

私がお手伝いさせていただいたCDが発売になりました♪
「NOE VENABLE」というサンフランシスコ在住のシンガーで、なんとも不思議な作風の彼女。ちょっと癖があるけど、私は結構気に入っちゃいました。日本の歌手で言うと、COCCOみたいな雰囲気があるなーって。歌詞が危なげなところもまた似てます。
聞いてると、別世界へトリップできます(笑)。ヤバイ?

インディーズなので、CDショップではめったに売ってないのですが、もし機会があればぜひチェックしてみてくださいね!

ちなみに、上のamazonのリンクはインポート版なので、興味のある方はこちらからどうぞ★
The world is bound by secret knots

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2005

"ウクレレ・フォース~スター・ウォーズ ベスト・カバーズ~"

ウクレレ・フォース~スター・ウォーズ ベスト・カバーズ~

オットが買ってきたこちらのCDだけれど、とーーーっても良いの!
スターウォーズのサントラのカバーなのだけれど、ウクレレとリコーダーをメインにした編成でカバー。
残念ながらメイン・タイトルは、管や弦も入っちゃっててちょっと今ひとつなんだけれど、あとの曲は、ピープーというリコーダーの音が、小学生の鼓笛隊のようで味があってとてもよいのです!

特筆すべきは、「帝国のマーチ」。あの曲が、ダースベーダーのテーマが、とーーーってもマヌケな雰囲気の曲に仕上がっています!
あと、モス・アイズリーのバーの曲と、アナキンのテーマ、エピ1のエンディングの曲、そして、エンド・タイトルが私のお気に入り♪

スターウォーズ ファンの方は、是非聞いてみてください!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 31, 2005

"FLASH・POINT"

蒼い雫~spring of life~
こちらのユニットのデビューライブに行ってきました♪キュートな女の子(&お姉さま?)の5人組です!
中でも特にとても若い(と思われる)2人の女の子たち、緊張している様子がよく分かったし、ちょっぴりぎこちない動きも初々しくて、ついつい応援したくなってしまう(笑)。
でも、歌声は5人とも本格的!パワーあふれるライブで、とても楽しい時間を過ごすことができました♪
これからも活躍がとっても楽しみです★

オフィシャルサイトはコチラ

| | Comments (5) | TrackBack (3)

July 22, 2005

"Image" & "Image d'amour"

↓で紹介した「冷静と情熱のあいだ」なんてどうしていまさら突然取り出してきたかというと、ちょっと連想ゲームのようないきさつがありまして(笑)。

先日、偶然葉加瀬太郎さんのライブ演奏を耳にする機会があり、とても感動した私。
久しぶりにこのCDを聞いてみたのです。(葉加瀬さんの演奏がはいっているCDはこれしかもってない)

イマージュ イマージュ アムール

そしたら、「image d'amour」の中に、「冷静と情熱のあいだ」が入っていたのです(小説のために書き下ろした曲?らしい?)。これは確か辻仁成版の方をイメージしたらしく、「冷静~」の順正の断ち切れない過去への情熱があふれ出てくるような、切ないメロディー。これを聞いていたら、なんだか急に読みたくなってしまったのでした。この曲に、前は特に心惹かれることもなかったのに。

「image」の方もとっても好きなのだけれど、改めて聞いたら、「image d'amour」がかなりよかったです。購入した当初は「image」の方がよいと思っていたのになぁ。

「冷静~」ももちろんだけれど、「ニュー・シネマ・パラダイス」、「カヴァティーナ」、「What a Wonderful World」、「Amazing Grace」などなど本当に素晴らしく・・・
そして一番よかったのがゴンチチによる「ロミオとジュリエット」
なんかこれ聞いてたら感極まって涙があふれてしまったよ!仕事のBGMでかけてたのに、仕事より曲の方にかなり感情移入(苦笑)。
いや、ジュリエットのような悲恋の経験があるわけではなく、ただ単にかなり疲れて心が感じやすくなってただけなんですけどね・・・

「いまさらimage?それに、コンピレーションアルバムなんて!」と侮る無かれ!ヒーリングアルバムといわれる理由がよく分かった気がします。そして、同じ音楽を聴いても、同じ映画を見ても、そのときの心の状態によって本当に感じ方が違うのねーと実感したのでした。
あ、でも、つらい恋で心が疲れてる人とかが「image d'amour」を聞いたら、TOO MUCHかも!私みたいに平凡な毎日を送っている人には、心がときめいていたあの頃(どの頃?)を思い出して、なんだか心に染み入る感じがしてちょうどよい気がします~!

| | Comments (0) | TrackBack (0)