March 19, 2007

"High Risk (Nancy Drew (All New) Girl Detective)"

High Risk (Nancy Drew (All New) Girl Detective)
High Risk (Nancy Drew (All New) Girl Detective)

オリジナル・シリーズのNancy Drewは、コンバーチブルを乗り回すかっこいい女の子。
初版時の設定とは思えないので、50年代にリライトされたときに追加された設定かな?
コンバーチブルをオープンにして颯爽と活躍するNancyは、きっと少女たちの羨望の的だったでしょう!!

新しいシリーズのこの巻では、飛行機の操縦にチャレンジ!!

でもね、車はハイブリッドカーと意外に堅実(笑)。
「50年代の車を乗り回す」なんて設定だったら良かったのに!!
(って、新シリーズはNancyで育ったアメリカの元・少女たちがターゲットじゃないから(当たり前)、そんなことする意味ないんだけどねー)

あれ、ストーリーは??
「Sleuth Set」に入ってた中だと、2巻目とこの4巻目が一番面白かったかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2007

"False Notes (Nancy Drew (All New) Girl Detective)"

False Notes (Nancy Drew (All New) Girl Detective)
False Notes (Nancy Drew (All New) Girl Detective)

ある日Nancyは街で、警察署の前で言い争っている男女を見かける。
警察へ行くべきかどうか、言い合っているようだったが、
結局警察へは立ち寄らずに立ち去る。
その女性は、次の市長候補とみなされている人物だった。
その話を夕食のときにパパにしたら、パパの反応がおかしい!!

====================================
おなじみNancy Drew All New Girl Detectiveの第3巻。
話がやや強引なのはいつものことか(笑)。
Nancyの探偵振りだけじゃなくて、
今回もGeorgeのパソコンオタクぶりが十二分に発揮されます。

この記事を書いている現在、実は第4巻まで読み終えていて、
手持ちのオリジナル・シリーズの未読分を読んでいるんだけれど、
まだ3巻くらいだと、BessもGeorgeもNedも出てこないのです。
いつになったら出てくるのかなぁ。。。

====================================
ところで、お友達のブログで見かけたこちらの本
Basic Word List
Basic Word List

読書中、知らない単語はこの本で調べて、マーカー引きながら読んでます。
たまにはちょっと負荷かけて本読みたいなーと思って。
でも、負担にしたくないので、解説読んでマーカー引くだけ。
やたら探偵用語ばっかりマーカー引かれてます(笑)。
さすがに4回くらい同じ語を引くと、覚えないまでも「見覚えのある単語」
には出世する気がする。。。

PBでこれやったらうんざりしそうだけれど、
Nancy Drewシリーズは、内容としても、長さとしても、ちょうど良い感じ。
こういう読み方もたまにはよいかな!?

#2007年洋書9冊目
(PB0,GR0,児9)
 33,000 words
2007年計202,038Words
累計9,664,804words

| | Comments (2) | TrackBack (1)

February 28, 2007

Nancy Drew (All New) Girl Detective Without a Trace/A Race Against Time

Without a Trace (Nancy Drew (All New) Girl Detective)A Race Against Time (Nancy Drew (All New) Girl Detective)
Without a Trace (Nancy Drew (All New) Girl Detective)A Race Against Time (Nancy Drew (All New) Girl Detective)

River Heightsに住むNancy Drewは、地元ではちょっと知られた名探偵。
Nancyの近所では、ズッキーニの畑が荒らされる事件が発生。
と同時に、近所に引っ越してきた隣人に家からは、高価なファベルジェのイースター・エッグが盗まれる。。。(Without a Trace)

毎年開催される、チャリティの自転車レースに出場したNancyと仲間たち。
ところが、チャリティのために集められた募金が盗まれる。
レースが終わるまでに、なんとかしてお金を取り戻さなければ!(A Rase Against Time)
Line14_3_1

このブログでも過去に何度か紹介している、少女探偵Nancy Drewの、舞台を現代に移した新シリーズ。
以前に第1巻を読んだものの、ちょっとイマイチだったのでそのまま放置していましたが、お友達のブログで2巻について読んだらちょっと面白そうだったので、再び引っ張り出して読んでみました。2巻のついでに1巻も再読。
1巻は謎がズッキーニだし、イースターエッグだし、あんまり身近じゃないネタのところがつまらなかったのか??

2巻も、そんなとこで寝るかっ?!というありえなさは相変わらずあるけれど、アメリカのチャリティ活動についても分かるし、面白かったな。

オリジナル・シリーズと同様に、文章はちょっと固めで上品ですが、ベスがメカに強かったり、ジョージがコンピュータに強かったり。。。というのはやっぱり時代の流れ。
スラングにあまり惑わされずに、コンピュータ用語を身に着けるにはなかなか面白いかも、と、2巻を読んでちょっと評価が変わりました。

私はこのセットで買ったので、
Nancy Drew Girl Detective: Sleuth Set (Nancy Drew (All New) Girl Detective)
Nancy Drew Girl Detective: Sleuth Set (Nancy Drew (All New) Girl Detective)

引き続き読んでいま~す!

#2007年洋書8冊目
(PB0,GR0,児8)
 33,000 words
2007年計169,038Words
累計9,631,804words

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2007

Someday Angeline/There's a Boy in the Girls' Bathroom




Someday Angeline
Someday Angeline (Avon/Camelot Book)


There's a Boy in the Girls' Bathroom
There's a Boy in the Girls' Bathroom

Louis Sacharによるこの2作、先日某所で「どちらが好きか」という会話が行われていたのを小耳に挟みました。
私はどちらも読んだことがなかったので会話には加わらなかったのですが。。。
前々から2作とも興味があったので、この機会に、と手に入れて読んでみました。

「天才児」という言葉でいつも片付けられてしまう小学3年生Angelineが、初めて理解し合える友人、自分を理解してくれる先生と出会うものの。。。という物語「Someday Angeline」。一方、問題児であり、そのうち皆から「Monster」と呼ばれてしまうBradleyが、初めて友人と呼べる少年、理解してくれる先生と出会うものの。。。という物語「There's a Boy in the Girls' Bathroom」。

「Genius」と呼ばれても、「Monster」と呼ばれても、どちらの子供たちも、自分を理解してくれる人を求めているのに、うまく表現できない、そして、傷つきやすい、ということがAngelineにもBradleyにも共通しています。


児童書、好きなのですが、結構子供の行動って残酷なのですよね。
そんなところがちょっとつらくて、好きだけれど1冊読むだけでものすごいエネルギーを吸い取られてしまう。。。
だから、あまり連続して読むのは苦手なのですが、これはSacharの描写が比較的淡々としていて、二人の子供たちの心の中の表現に焦点が当てられていたため、あまりエネルギーを吸い取られることなく、連続して読むことができました。

また児童書読んでみようかな。。。とちょっと思うことができたので、Sacharに感謝♪

#2007年洋書7冊目
(PB0,GR0,児7)
 27,555+35,483 words
2007年計136,038Words
累計9,598,804words

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 06, 2007

Detective Zack

Detective Zack and the Secret of Noah's Flood (Detective Zack (Unnumbered))
Jerry D. Thomas

Detective Zack and the Secret of Noah's Flood (Detective Zack (Unnumbered)) Mystery at Thunder Mountain (Detective Zack (Unnumbered)) Danger at Dinosaur Camp (Detective Zack (Unnumbered)) Detective Zack: Secrets of the Sand (Thomas, Jerry D., Detective Zack, 4.) Detective Zack: The Red Hat Mystery (Thomas, Jerry D., Detective Zack, 5.) Detective Zack: Missing Manger Mystery (Thomas, Jerry D., Detective Zack, 6.)
by G-Tools

☆★↑画像をクリックするとamazonにジャンプ!できます↑★☆

Detective Zack シリーズの1巻から6巻まで、ようやく読破。
(以前1巻のみ読んだときの感想はこちらから==>CLICK!!

1=>5=>3=>2=>4と読んだ後、実は4巻と5巻が続き物だということが分かったので、もう一度5巻を読んで6巻へと。
(そして、シリーズ全体がビミョーに続き物なので、もし読まれる方がいらっしゃったら、ちゃんと巻順に読むのがオススメ。)

全体を通じて、Zackとその一家が、聖書の物語が実際に起こった出来事だということを証明するために、いろいろな場所を旅し、その謎を証明していく、という話なのです。
2巻だけはちょっと毛色が違っていて、友達とキャンプに行ったZackたちが、神を信じるなんてばかげている!と思う非クリスチャンの少年たちと、どのように交流していくか、というお話です(わたしは結構この巻、好きです)。

旧約聖書の場所をめぐる4巻、5巻と、クリスマスの風習の移り変わりを追う6巻が、個人的には面白かったです。

4巻、5巻は、旧約聖書の登場人物や記述されている内容が、どのように史実と一致しているか、ということを説明する話なのですが、そもそもその話自体が分からなかったので、図書館でいろいろ本を借りてきて、参考にしながら読み進みました。


聖書を歩く 上 旧約聖書の舞台をめぐる旅
ブルース ファイラー Bruce Feiler 黒川 由美
4562037881

4巻、5巻と同じような地域を巡っています。
また、1巻のノアの箱舟の話にも関連があるので、1巻読む前にも読みたかったです。
まだパラパラとめくった程度なので、これから読むつもり。
表紙がとってもステキなのに、本文には写真なし。写真があるともっと良かったのに!
そして、Detective Zackシリーズは聖書の記述は絶対正しいという前提の下に書かれていますが、
この本の著者は伝承の部分も多いという前提のようです。
(ノアが800歳まで生きたのはおかしい!という意見も見られたり。)
一人称の語り口の本って、原書で読んだ方が読みやすいのかなぁ。


Aera mook キリスト教がわかる。
(amazonでは在庫切れ)
わたしが前から疑問に思ってた正教会の成り立ちとか、イギリス国教会の話なんかがとても分かりやすく書いてあり、Zackシリーズのレファレンスとして以上に参考になりました。

#2007年洋書5冊目
(PB0,GR0,児5)
 73,000 words
累計9,535,766words

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2006

"The Devil Wears Prada"

The Devil Wears Prada
Lauren Weisberger
0767914767

いつかは雑誌のライター、それも、あの、有名雑誌に記事を書くのがアンドレアの夢。
その第一ステップとして、ファッション雑誌「ランウェイ」の編集長、ミランダの秘書になったアンドレア。ミランダのところで一年間働けば、どんな雑誌へも推薦状を書いてもらえる、ということから、興味の全くないファッション誌だけれど、なんとしてもここにしがみつこうと心に誓う。

しかし、アンドレアの仕事は、秘書とは名ばかりの雑用係。理不尽な要求に応じるため、プライベートを犠牲にして働きまくるアンドレアだが、親友や彼との中も微妙に・・・

Line14_3_1

映画を見る前に~!!
と慌てて読んだのだけれど、なかなか進まなくて、結局映画の公開に間に合わなかった・・・ぐすん。

映画のトレイラーでは、イモっぽい女の子が、オシャレなファッション業界で華麗に変身するまでのシンデレラストーリー♪みたいなイメージですが、
本は、鬼上司の命令がどんなに理不尽で、アンドレアがくたくたになって働くかということが主に語られています。
amazonのレビューでもちょっと触れられているけれど、そもそもアンドレアがミランダの秘書になった動機が不純なの。だから、アンドレアは最初から間違ってるんだよね。
その間違いにアンドレアが気づくのか、気づかないのか・・・そのエンディングに至るまでが、長い長い。
だから、中盤ちょっとだれちゃうの。この本、2/3でよいでしょう(笑)。

私もかつてちょっとだけファッション業界で働いていたことがあったから(この本に登場するような、オシャレな部署じゃありませんでしたが)、アンドレアが華やかな世界に、だんだん影響を受けて、ある意味、自分を見失っていくっていうのが、ちょっとだけ分かる気がしました。
幸い、ミランダみたいな上司はいなかったけどね(笑)。
まあ、私なら1週間でやめてたでしょう!

それはさておき、映画向きの話だよね。
さぞゴージャスだろうなぁ!
見るのが楽しみです♪

でもでも、本にはちょっぴり疑問があって。。。


↓↓↓以下、ネタバレはありませんが、本の内容に触れるので、気にする方は見ないでくださいね!↓↓↓

Continue reading ""The Devil Wears Prada""

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 25, 2006

"Who Cloned the President?" & "Kidnapped at the Capital" (Capital Mysteries)

Who Cloned the President? (Capital Mysteries)
Ron Roy Liza Woodruff

Who Cloned the President? (Capital Mysteries)
Kidnapped at the Capital (Capital Mysteries)
Ron Roy Liza Woodruff

Kidnapped at the Capital (Capital Mysteries)

"A to Z Mysteries" の作者、Ron Royによる新しいシリーズ、"Capital Mysteries"。

小学生のKCとMarshallは、Washington, D.C. の同じマンションに住んでいる友達同士。
女の子のKCは、President Thorntonの大ファン!
男の子のMarshallはクモが大好きで、ペットのタランチュラを可愛がっています。

そんな二人と、D.C.ならではのとある人物が絡んだ、可愛らしいミステリーもの。
(現地の小学校2年生レベル)

Line14_3_1

正直1巻を読んだときはA to Zの方が面白い!と思ったけれど、2巻を読んだらなかなか面白かったです。

冒頭の地図が大好きな私にとって、2巻からは Washington, D.C.の地図が出て来たし(Washington, D.C. が正式な記述だと、今回はじめて知りました)!
アメリカのアパートメントは、やっぱりドアマンがいるのが標準なのねぇなんて思ったし(並行して読んでた別の本でも出てきてましたので)。ドアを開けてくれるところが、日本の管理人さんとは違うところよねぇ。

でも、この子供たちは、日本で言えば霞ヶ関に住んでるようなもの、そんなところに住んでる人、いるの!?とは思ったけれど・・・
そういえば、住んでいる知り合いはいないけれど、"All-American Girl"でも主人公の女の子はDCのマンションに住んでたよねぇ、と思い出した。

やっぱり、政府関係者や国際機関の人のための住居は充実しているのでしょうか??


2巻はKidnappingものですが、児童書ってこのネタ好きだよね!
日本でも、「少年探偵団」シリーズではいつも必ず誰かが誘拐されるし・・・
米国の児童書でも、Marvin Redpostの"Kidnapped at Birth?"も、A to Zの"The Absent Author"も誘拐ものだものね。
そうそう、"Oliver Twist"だって誘拐されるんだものね~。

古今東西、児童書には誘拐は欠かせない??

あとね、ほかの児童書でもそうだと思うのだけれど、Ron Royの作品を読んでいて特に思うのだけれど、できるだけいろいろな職業に、男女両方を登場させている。
A to Z でも、Capital Mysteriesでも、女性のタクシードライバーが登場するし、Capitalの方では、副大統領も女性、SWATチームにも女性が登場します(これはあくまでイラストだけれど)。
これまたある意味現代を反映しているようで興味深い。

このシリーズ、もう少し読んでみようと思ってます♪
が、唯一気に入らないのは、表紙の絵を描いてる人と、中の挿絵を書いてる人が違うらしい・・・表紙の方が好みなんだけれどなっ!

#2006年洋書29,30冊目
(PB13,GR6,児11)
 13,400 words
累計9,367,766words

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2006

"Detective Camp"

Detective Camp (Stepping Stone Book)
Detective Camp (Stepping Stone Book)

Dink、Josh、Ruth Roseのお馴染み三人組は、サマーキャンプに出かける。
とはいえ、タダのキャンプじゃなくて、いろいろな謎解きをする「Detective Camp」なのです!謎解き大好きな三人にぴったりです♪
そんな楽しいキャンプなのですが、怪しい出来事が起きているようです・・・

Line14_3_1

おなじみ「A to Z Mysteries」の新しいシリーズ(前シリーズは、Zまでたどり着いちゃったので)。
前シリーズに比べるとかなり厚みがあるけれど、内容は変わらず。
なので、前シリーズのテンポのよい進み方と比べると、ちょっとだれる感じがするのが残念と言えば残念。。。
それと、今回は舞台がキャンプで、Green Lawnではないのがさらに私的にはちょっと減点だったなぁ。
(Green Lawnフリークなので)

次作の案内が出てたけど、それはPilgrimの歴史村みたいなところが舞台らしい。
A to Zって、今まではのんびり謎解きが多く、
例えば、Third-Grade Detectivesみたいな「学習的な内容を織り交ぜた」ところがないところが私は好きだったのに、
やっぱりちょっと路線変更で学習的な内容が入るようになるのかなー。
それはそれでちょっと残念だな、なんて思う次第です。

とはいえ、次作が出たら読んでみないとね。
(それに、実はA to Zもいまだコンプリートしてない私なのでした)。

#2006年洋書28冊目
(PB13,GR6,児9)
 11,319 words
累計9,354,366words

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2006

"Thieves of Ostia (Roman Mysteries)"

Thieves of Ostia (Roman Mysteries)
Thieves of Ostia (Roman Mysteries)

紀元79年の古代ローマの港町、Ostia。そこに住む少女Flaviaの近所で、犬の連続殺害事件が起きる。隣人のJonathan、奴隷のNubia、浮浪者の少年Lupusと一緒に、Flaviaは犯人探しに挑む。
(現地の9歳~12歳レベル)

Line14_3_1

古代ローマを舞台に起きる、少年少女の活躍劇。
↓の記事に書いたように、これだけでもかなり私好みなのです★(それに、冒頭に地図もアリ。これもまた私の好きな要素!)
ただ、私、歴史は好きだけれど、残念ながらあんまり詳しくないのです。ローマ時代にもっと精通していたら、きっともっともっと楽しめたのにっ!

シリーズも続いているようなので、1巻目は多少説明的だったところももっと面白くなるはず!2巻はこの話の直後の話みたいなので、これまた楽しみです。

それにね、この4人の少年少女たち、みんないろいろな複雑な事情を抱えているんだけれど、特にJonathanに関しては、これからいろいろと明らかになっていくと思うの。それも楽しみなのですっ!


オスティア物語―古代ローマの謎ときアドベンチャー
オスティア物語―古代ローマの謎ときアドベンチャー

邦訳も出てるみたいなんですけどね・・・タイトルがビミョー(苦笑)。


#2006年洋書27冊目
(PB13,GR6,児8)
 37,900words
累計9,343,047words

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2006

"The Case of Hermie the Missing Hamster (A Jigsaw Jones Mystery, No 1)"

The Case of Hermie the Missing Hamster (A Jigsaw Jones Mystery, No 1)

Wingnutのハムスターがいなくなってしまった!
Jigsawは、Milaと一緒にハムスターの捜索を開始する・・・
(現地の4歳~8歳レベル)
Line14_3_1

子供向けミステリーシリーズの「Jigsaw Jones」。今まで未読だったこのシリーズに手をつけてしまいましたが・・・
私的にはまだちょっと消化不良。ネタがあまりに可愛すぎて(笑)。

私は、A to Z Mysteriesとかがすごく好きなんだけれど、実は周りのお友達にはそんなに評価が高くない。

考えてみたのだけれど、子供の頃
少年探偵団
少年探偵団

シリーズが大好きだった私は、身の回りの小さな事件じゃなくて、校外で起きる話が好きなのかも。
A to Zは、そういうところが少年探偵団シリーズと共通しています(おどろおどろしさはありませんが)。

とはいえ、Jigsaw Jonesシリーズももう少し読みつもり。だってさ、なんで「Jigsaw
」なのかは、1巻にはちょっとしか書いてないし。Jigsawの活躍ももうちょっと気になるから。

っていいつつ
Who Cloned the President? (Capital Mysteries)
Who Cloned the President? (Capital Mysteries)

にも手を出してるんですけれどね・・・

最近児童書を積極的に読んでいる私なのです。

そうそう、なんでこのどでかい画像を貼っているかにはちゃんと理由があり、
Jigsawが持ってるノートって「meads」の「comprehension notebook」だよね!
アメリカの小学生の国語の授業には欠かせないノート。
なぜなんでしょうね?特に国語に向いてるとも思えないけど。
黒と白のまだらのところを、カラーペンで塗ったりしてました(笑)。
この間オフィスデポで売ってたので買おうかと思ったけれど、400円なので辞めました。。。(ケチ)

#2006年洋書26冊目
(PB13,GR6,児7)
 6,700words
累計9,305,147words

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧